フリーランスエンジニアとはどんな働き方をするの?

「フリーランスエンジニアの働き方を知りたい」
「フリーランスエンジニアの案件を探している」
「在宅型と常駐型のそれぞれのメリットやデメリットを知りたい」

フリーランスエンジニアは、会社などに勤めることなく個人で仕事を請け負うエンジニアのことをいいます。
案件ごとに企業と契約を結ぶのが一般的です。
自宅で作業を行う在宅型と、契約先の企業に出向いて作業を行う常駐型の2種類の働き方がります。

光本氏も推奨!会社設立代行会社を上手に活用しよう

モデーアなどのMLMを始めるメリットとデメリット

エンジニアの仕事はリモートワークに向いている

元々、エンジニアの仕事はパソコンがあればどこでも行えることが多いので、リモートワークに向いています。
在宅で働いている人も多く、企業に縛られない自由な働き方として注目されることもあります。
常駐型の場合には、一定期間ごとに契約や更新を行うことが多いです。
在宅型と常駐型ではそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらがいいとはいえません。

在宅型は移動時間や交通費などを省ける

在宅型はわざわざオフィスなどに出向かなくていいので、移動にかかる時間や交通費などを省けるというメリットがあります。
一人で黙々と作業をするため、人とあまり交流したくないという人にも向いています。
また、小さいお子さんがいたり介護が必要な家族がいるといった場合でも働けることも多いです。

常駐型は企業からのニーズは高い

常駐型はオフィスに出向かなければなりませんが、企業からのニーズは高いです。
契約企業で働く人や他のエンジニアと接する機会も多いので、業界のトレンドを把握したり刺激を受けたりすることにもなります。
チームで作業を行うこともあるので、モチベーションが維持しやすいという人もいます。
直接顔を合わせるので、待遇などの条件面の交渉がしやすくなることもあります。

フリーランスエンジニアは今後もますます増えていく

フリーランスエンジニアは、今後もますます増えていくことが予想されます。
IT技術の進化に伴い、エンジニアの需要は年々増えていっています。
そのため人手不足になっており、フリーランスエンジニアとして高収入を得ている人もいます。
会社に勤めるのとは違い、自分が好きな案件だけを選ぶといったこともできます。
企業で働くよりも、高収入を得られることも多いです。

自分で案件を獲得しなければならない

ただし、フリーランスエンジニアの場合には、自分で案件を獲得しなければなりません。
ただ待っているだけで仕事が転がり込んでくるわけではないので、仕事を獲得するには自分のスキルを売り込む必要があります。
条件面の交渉などもすべて自分で行わなければなりません。
確定申告なども自分で行う必要があります。
それからフリーランスエンジニアは高収入が得られる可能性が高い一方で、病気や怪我などで働けなくなると収入がゼロになってしまうリスクもあります。

まとめ

福利厚生などもありませんし、社会的な信用という面では会社員に劣ってしまいます。

フリーランスエンジニア開発案件