モデーアなどのMLMを始めるメリットとデメリット

「モデーアの商品を購入したい」
「モデーアなどのMLMに興味がある」
「ネットワークビジネスのメリットとデメリットが知りたい」
「モデーア製品の買取をしてもらいたい」

MLMよりもネットワークビジネスという名前のほうが有名かもしれません。
すでに友人や知人から紹介されて知っている人も多いと思いますが、モデーアやアムウェイなどのネットワークビジネスを始める長所と短所を示します。

【特集】モデーア買取業者として20年以上ご利用頂けている理由

ネットワークビジネスのメリット

話題になっている製品やサービスを共有できる

まず1つめの長所は、話題になっている製品やサービスを共有できることです。
インスタグラムなどのSNSではさまざまなアイテムが話題になっています。
効果的な健康食品や珍しい食材などの例があり、それをはやい段階で把握して効果的に販売することができるのです。

ビジネスを簡単に始められる

2つめの長所はビジネスを簡単に始められることです。
労働時間が短縮されたり、報酬がカットされたりした人には、ネットワーク・マーケティングが役立つでしょう。
多くの場合は、販売予定の製品やサービスにリスクが小さくなる保証が付属しています。
これで誰でもスタートしやすくなります。

自宅での時間が増える

3つめの長所は自宅での時間が増えることです。
自宅で仕事をすることは、今日、世界の多くの人々の夢です。
ネットワークマーケティングは、この機会を提供する働き方の典型的です。
しかも製品やサービスを開発するために前もってコストをかけるものではありません。
場合によっては、家族が同僚になって仕事を助けてくれます。

収入にレバレッジをかけられる

4つめの長所はネットワーク・マーケティングを通じて、収入にレバレッジをかけられることです。
ほとんどの場合、直販手数料、業績目標を達成したときに得られるボーナスによって収入を得ることができます。
やる気のある仲間がいれば、チームを作ってお客様に製品を販売した時と同じ努力で、継続的に利益を得ることができます。
現在の資金が少なくともレバレッジによって大きな報酬を得られます。

儲けるための方法を自分で開発する必要がない

5つめの長所は、儲けるための方法を自分で開発する必要がないことです。
ネットワークマーケティングでは、製品を販売して、メンバーを育成するために既存のシステムを利用します。
これらのシステムは、長い時間をかけて開発されたベストな方法であり、その効果が実証されています。
しかもこの方法を利用することで、リーダーシップのスキルなど、自己啓発や成長を促進することができます。

フリーランスエンジニアとはどんな働き方をするの?

ネットワークビジネスのデメリット

ほとんどの人がお金持ちになれない

続いてネットワークビジネスの短所です。
まず1つめは、ほとんどの人がお金持ちになれないことです。
実はほとんどの人がネットワークマーケティングで、パートタイム収入を得ることもできません。
既に商品が飽和状態にあると、新しいメンバーが販売する対象がなかなか見つからないのです。
モデーアはサプリメントや化粧品に力を入れていますが、既にいいものも持っているならば購入希望者を探すのは難しいでしょう。

対面で販売しなければならない

2つめの短所は、対面で販売しなければならないことです。
インターネット上の取引もありますが、売上の約80%は、対面での販売です。
ネットワークマーケティングの分野に初めて参入する人の多くは、見知らぬ人と話したり、製品の長所や短所を話し合ったりすることに慣れなければなりません。
それができないと、売上を伸ばして利益を得ることは難しいのです。

成長するのに時間がかかる

3つめの短所は成長するのに時間がかかることです。
対面販売にも慣れたとしても、新しい顧客を獲得するのには時間がかかります。
ネットワークマーケティングは簡単にお金を稼げるように見えるかもしれませんが、本当のところは違います。
販促資料や経験豊富な人からのアドバイス、カスタマイズされたウェブサイトを手に入れることができますが、人々がそのことを知らなければ、優れた製品でも売れません。

精神的な負担を感じる

4つめの短所は断られることが多いから、精神的な負担を感じることです。
ネットワークマーケティングを始めたばかりの頃は、多くの人が誘いを断ります。
そしてその否定的な反応が少なくなることはあっても、ずっと付き合っていかなければなりません。
否定的な意見にすぐ落胆してしまう人にとっては、苦痛を伴う仕事になります。

ネットワーク・マーケティングにたくさんの詐欺がある

5つめの短所は、ネットワーク・マーケティングにたくさんの詐欺があることです。
現代のネットワーク・マーケティングでは、何かが本物であるのか、それとも単なる詐欺なのかを判断するのが難しい場合が少なくありません。
販売されている製品やサービスの多くは問題ありません。
しかし一度でも詐欺まがいの商品と扱うと信用を失いますし、責任を追求されるリスクがあります。
過大な効果を謳った健康食品や化粧品を扱うと、逮捕されたり、多額の補償を迫られたりするかもしれないのです。

友人が減るリスクが増大する

最後の短所は、友人が減るリスクが増大することです。
日本の法律では、ネットワークビジネスに違法性はありません。
しかし違法性のあるネズミ講と区別をして考えない人が多いですし、ネットワークビジネスを勧める人は邪険に扱っていいという風潮があります。
MLMをやっている、勧めてくるという噂が広まるだけで友人が減るリスクがあるのです。

まとめ

大切にしたい友人のネットワークビジネスに対する考えを聞いてから、スタートするのも悪くないでしょう。