【横山塾】WEB3.0時代のインターネット

最終更新日 2023年2月2日 by fletww

「WEB3.0って何?」
「WEB3.0の可能性について知りたい」
「横山英俊さんの評判や経歴が知りたい」

WEB3.0はインターネットと現実世界をリンクさせる効果に優れた、次世代のデジタル概念になります。
たとえば家電とインターネットをリンクさせたIoT家電や、人間の機能をデジタル技術で強化させるウェアラブルなどもWEB3.0の範疇に入ります。
ウェアラブルは現実世界だけではなく、機器を装着すれば架空の電脳空間メタバースでさまざまなコミュニケーションを行えるようになると言われているのが特徴です。

横山英俊のトレンド紹介

横山英俊氏が考えるウェアラブルの可能性

現在はまだ技術的に拙い部分もあり、市販製品は量産化していないためにコスト面では普及価格ではありません。
過去のこうした文明を考えれば、パソコンなどは数十年前までは数十万円することも珍しくはありませんでした。
現在の性能とは比べ物にならないスペックでも、当時は安い車と同じぐらいの値段がしたのです。
現在は中古や廉価モデルを含めれば、数万円で実用レベルの製品を購入することが出来ます。
コミュニケーションツールとして必要になり量産化すれば、ウェアラブル機器は飛躍的に普及することは間違いありません。
ウェアラブル機器を使えばインターネットに接続して、在庫管理から顧客管理まで行うことが出来るようになります。
キーボードを必要とせず、センサーで指示を与えたりより高度な音声ブラウザなどを搭載することになるのです。
デスクワークの概念は消え失せて、より柔軟な働き方が実現するかもしれません。

モデーアなどのMLMを始めるメリットとデメリット

商談で移動しない時代が来る

メタバース空間で商取引を行い、実際に数十億円の決済をすることも考えられます。
現在までは商談のために移動しておりましたが、そうした移動時間や地理的なハンデがなくなる時代がすぐ傍までやってきているかもしれません。
まだまだ普及率が低く、発展途上の技術ではありますが可能性はとても大きい世界なのです。
実はこのWEB3.0はまだ概念もフレーム化されておらず、可能性を含めてさまざまな検討がされている段階になります。
人によって定義が異なり、特定の企業や団体の交渉を受けずに分散型であることが共通概念だと言う人もおりますし、もっと情報集約が進んでデーターベースが進化すると考えている人もいるのです。

サーバー型とブロックチェーン型の併用

そして基幹的な技術であると考えられているのが、サーバー型とブロックチェーン型の併用であり、ピラミッド構造からより柔軟なリンク構造を実現することを目指して開発が進んでおります。
現在まではサーバーにアクセスをして特定のサイトを経由したり、アプリやサブスクリプションなどのクラウドシステムを使わなければなりませんでした。
ブロックチェーンを使えば、特定の企業に依存せずに情報の管理が出来るようになると考えられております。
現在のインターネットは特定の検索エンジン会社や、プラットフォーマーと呼ばれる企業が大きな力を持っていることは否めません。
有益な情報でも検閲的にデジタル系の大企業が情報を遮断してしまえば、意図的な操作が可能という危険性があるのです。
また取引のベースであるサイトを経由するためには、利用料金や手数料を検索エンジン会社やプラットフォーム企業に徴収されるのでコストが高くなるデメリットもあります。
その代わりに情報流出を防ぐ担保をしてもらったり、スムーズな取り引きを行うツールを提供してもらうなど、サーバー型のインターネット技術にもメリットがあることは間違いありません。

インターネットの進化は情報の方向性がポイント

今後WEB3.0時代に突入することになり、分散型に進化していった時に優位に立つ側が情報を悪用しないとは限らないのです。
インターネットの進化は情報の方向性がポイントになります。
最初期は限られた一部の発信者が提供を行い、ユーザーは本のように情報を読み取るだけでした。
本と違うことは情報同士の検索性であり、世界中から発信された情報を検索エンジンを使いデータベース化することは画期的だったのです。
次に進化したのが現在主流のインターネット技術であり、プラットフォーマが提供したサービスの利用者になることで、会員同士がやり取りを行えるようになりました。
それは友人を探す趣味サイトであったり、顧客と小売店を繋げるECサイトなのかもしれません。
サイトに情報を書き込みツリー表示する、匿名型の掲示板サイトもこの一種になります。
自由にやり取りが行えるようでいて、プラットフォームや検索エンジンの意向により退会や非表示なども頻繁に起こることが特徴です。
ユーザーよりも情報の場所を提供するサービス側が、圧倒的に優位な存在になります。

まとめ

そしてWEB3.0はデータは直接個人同士がやり取りする時代であり、プラットフォーマーの意向を気にする必要はありません。
データの共有システムはブロックチェーンで行いますので、特定の企業やサーバーの影響を受けにくくなることが特徴です。
より自由なインターネット時代の幕開けになります。
懸念されるのはセキュリティや安全面であり、メタバースやウェアラブルなどをリンクさせる性質上、より情報の管理を厳密に行わなければいけないことです。