「ビジネス」カテゴリーアーカイブ

モデーアなどのMLMを始めるメリットとデメリット

「モデーアの商品を購入したい」
「モデーアなどのMLMに興味がある」
「ネットワークビジネスのメリットとデメリットが知りたい」
「モデーア製品の買取をしてもらいたい」

MLMよりもネットワークビジネスという名前のほうが有名かもしれません。
すでに友人や知人から紹介されて知っている人も多いと思いますが、モデーアやアムウェイなどのネットワークビジネスを始める長所と短所を示します。

【特集】モデーア買取業者として20年以上ご利用頂けている理由

ネットワークビジネスのメリット

話題になっている製品やサービスを共有できる

まず1つめの長所は、話題になっている製品やサービスを共有できることです。
インスタグラムなどのSNSではさまざまなアイテムが話題になっています。
効果的な健康食品や珍しい食材などの例があり、それをはやい段階で把握して効果的に販売することができるのです。

ビジネスを簡単に始められる

2つめの長所はビジネスを簡単に始められることです。
労働時間が短縮されたり、報酬がカットされたりした人には、ネットワーク・マーケティングが役立つでしょう。
多くの場合は、販売予定の製品やサービスにリスクが小さくなる保証が付属しています。
これで誰でもスタートしやすくなります。

自宅での時間が増える

3つめの長所は自宅での時間が増えることです。
自宅で仕事をすることは、今日、世界の多くの人々の夢です。
ネットワークマーケティングは、この機会を提供する働き方の典型的です。
しかも製品やサービスを開発するために前もってコストをかけるものではありません。
場合によっては、家族が同僚になって仕事を助けてくれます。

収入にレバレッジをかけられる

4つめの長所はネットワーク・マーケティングを通じて、収入にレバレッジをかけられることです。
ほとんどの場合、直販手数料、業績目標を達成したときに得られるボーナスによって収入を得ることができます。
やる気のある仲間がいれば、チームを作ってお客様に製品を販売した時と同じ努力で、継続的に利益を得ることができます。
現在の資金が少なくともレバレッジによって大きな報酬を得られます。

儲けるための方法を自分で開発する必要がない

5つめの長所は、儲けるための方法を自分で開発する必要がないことです。
ネットワークマーケティングでは、製品を販売して、メンバーを育成するために既存のシステムを利用します。
これらのシステムは、長い時間をかけて開発されたベストな方法であり、その効果が実証されています。
しかもこの方法を利用することで、リーダーシップのスキルなど、自己啓発や成長を促進することができます。

フリーランスエンジニアとはどんな働き方をするの?

ネットワークビジネスのデメリット

ほとんどの人がお金持ちになれない

続いてネットワークビジネスの短所です。
まず1つめは、ほとんどの人がお金持ちになれないことです。
実はほとんどの人がネットワークマーケティングで、パートタイム収入を得ることもできません。
既に商品が飽和状態にあると、新しいメンバーが販売する対象がなかなか見つからないのです。
モデーアはサプリメントや化粧品に力を入れていますが、既にいいものも持っているならば購入希望者を探すのは難しいでしょう。

対面で販売しなければならない

2つめの短所は、対面で販売しなければならないことです。
インターネット上の取引もありますが、売上の約80%は、対面での販売です。
ネットワークマーケティングの分野に初めて参入する人の多くは、見知らぬ人と話したり、製品の長所や短所を話し合ったりすることに慣れなければなりません。
それができないと、売上を伸ばして利益を得ることは難しいのです。

成長するのに時間がかかる

3つめの短所は成長するのに時間がかかることです。
対面販売にも慣れたとしても、新しい顧客を獲得するのには時間がかかります。
ネットワークマーケティングは簡単にお金を稼げるように見えるかもしれませんが、本当のところは違います。
販促資料や経験豊富な人からのアドバイス、カスタマイズされたウェブサイトを手に入れることができますが、人々がそのことを知らなければ、優れた製品でも売れません。

精神的な負担を感じる

4つめの短所は断られることが多いから、精神的な負担を感じることです。
ネットワークマーケティングを始めたばかりの頃は、多くの人が誘いを断ります。
そしてその否定的な反応が少なくなることはあっても、ずっと付き合っていかなければなりません。
否定的な意見にすぐ落胆してしまう人にとっては、苦痛を伴う仕事になります。

ネットワーク・マーケティングにたくさんの詐欺がある

5つめの短所は、ネットワーク・マーケティングにたくさんの詐欺があることです。
現代のネットワーク・マーケティングでは、何かが本物であるのか、それとも単なる詐欺なのかを判断するのが難しい場合が少なくありません。
販売されている製品やサービスの多くは問題ありません。
しかし一度でも詐欺まがいの商品と扱うと信用を失いますし、責任を追求されるリスクがあります。
過大な効果を謳った健康食品や化粧品を扱うと、逮捕されたり、多額の補償を迫られたりするかもしれないのです。

友人が減るリスクが増大する

最後の短所は、友人が減るリスクが増大することです。
日本の法律では、ネットワークビジネスに違法性はありません。
しかし違法性のあるネズミ講と区別をして考えない人が多いですし、ネットワークビジネスを勧める人は邪険に扱っていいという風潮があります。
MLMをやっている、勧めてくるという噂が広まるだけで友人が減るリスクがあるのです。

まとめ

大切にしたい友人のネットワークビジネスに対する考えを聞いてから、スタートするのも悪くないでしょう。

【佐藤塾】変わらない価値を持つ不動産投資

「不動産投資に興味がある」
「不動産投資の種類が知りたい」
「アクアリゾート佐藤裕樹社長のプロフィールを教えてほしい」

投資に興味がある、副業感覚で挑戦してみたいと考える人も多いのではないでしょうか。
投資には様々な種類が存在しており、不動産投資はそのうちの一つです。
その名の通り土地や建物、マンション、アパート、さらには一戸建てやビルなどを対象にしているなどの特徴があります。
どれだけ時代が変わっても土地や建物には一定の需要があり、その価値が揺らぐことはありません。
不安定な世相だからこそ安定した不動産に興味を示す人も多いでしょう。
サラリーマンとして働きながら不動産投資に挑戦する人も数多くいます。
体力がなくてもできる、休日や仕事のあとの隙間時間を活用できるなどの理由から、老後の資金作りの一環にも活用されています。

アクアリゾート佐藤裕樹

アパートの買取で物件をスムーズに現金化しよう!

不動産投資とは?アクアリゾート佐藤裕樹氏に聞く

それでは不動産投資とは具体的にどうのような投資なのでしょうか。
これは不動産を購入し、売却することでその売却益を入手する方法です。
あるいは購入した物件を賃貸にして他人に貸し出し、家賃を収入にすることもできます。
利益を出るための主な方法はこの2種類が中心で、売却益の確保と家賃収入がメインです。
人によってはいずれか一方のみを利用していますが何度も取引を行って慣れている人は物件によって運用方法を変え、すぐに買い手が見つかるものについては売却益を出し、なかなか買い手がみつからないものや入居希望者が多い物件は家賃収入を得るなどの使い分けをしています。
どちらか一方を必ず選ばなければならないというものではないため、物件や自分の空き時間、相性などによって決定すると良いでしょう。

売却益で収入を手にするキャピタルゲイン

売却益で収入を手にする方法はキャピタルゲインと呼ばれ、購入価格よりも高く買い手に売る方法が基本です。
当然のことながら購入した物件を安い価格で売却してしまえば、利益を確保することはできません。
できるだけ高い価格で売却が望める物件を探し、購入して売却するサイクルを繰り返します。
駅から近い物件や都心部など購入希望者が多数名乗り出てくれる環境であれば、この方法は優秀と言えるでしょう。
不動産価格が昇調子のエリアを見つけてキャピタルゲインを行うのも良い方法です。
また、長期間物件を保持しなくても条件と環境次第で素早く売り抜けることができるため、短期決戦が得意な人にも最適となっています。

コツコツと収入を得ていく家賃収入

一方で家賃収入はコツコツと収入を得ていくことに特徴があります。
いったん設定した家賃は数年、数十年と変わることはありませんが、入居者がいる限り収入を受け取ることが可能です。
他の金融商品や株式投資に比べてインカムゲインとも呼ばれる家賃収入は世相の影響を受けにくく、安定した収入になって暮らしを支えてくれます。
不動産投資で安定した生活をしたいという人にとっても選択しやすい方法となっています。

区分マンション投資と一棟マンション投資

不動産投資という言葉のイメージでもっとも想起されるのは、区分マンション投資や一棟マンション投資です。
区分マンション投資とはマンションの1室を購入し、売却や家賃収入に利用するものとなっています。
マンションは一般的に区分ごとに分けられて所有権を所持しています。
一棟マンション投資は区分とは異なり、マンションを一棟まるごと投資対象として取り扱うものです。
一棟まるごとのスケールから大きな利益を期待することができますが、新築物件を建築するとなると圧倒的に初期費用がかかります。
投資に向けて資金を用意しているか、あるいは企業でなければ取り扱いは難しいかもしれません。

初心者にも挑戦しやすい区分マンション投資

区分マンション投資は自分の区分だけを扱うことができるため、初心者にも挑戦しやすくなっています。
例えば中古のワンルームを一部屋購入し、時期を見て売却を行っても良いでしょう。
中古物件であっても立地や環境、建物の人気によっては多くの買い手の注目を浴び、高値で売ることができます。
売却が難しいワンルームは他人に貸し出し、家賃収入を得ることもできます。
管理は不動産会社に任せて定期的な利益を入手できれば、さらなる投資の資金にも活用可能です。

不動産投資を節税対策に利用する場合

このように不動産投資は次の投資への資金作りにも活用できる他、節税対策としても有効となっています。
節税対策に利用する場合には、不動産購入時にかかった費用を経費に計上し、税金を抑えることができます。
購入金額と経費、運用資金などのバランスを取ることができれば、節税にも大いに活躍してくれるでしょう。
家賃収入による安定した利益は老後にも役立ちますし、投資には定年もありません。
もっと早くから老後の資金作りをしておけばよかったと後悔してる人も、収益率の高い物件に出会うことができれば安定した収入の確保に繋がり、私的な年金としての利用もできます。
不動産の価値は変わることなく、どのような状況であってもそこに存在します。

まとめ

建物にはメンテナンスが必要ですが、経年劣化の前に売却で売り抜けることもできるでしょう。
変化していく時代の中で頼りになる投資の一つであることを理解し、活用することで自分や家族の生活を支える収入にすることができるはずです。

アパートの買取で物件をスムーズに現金化しよう!

「アパート買取を考えている」
「保有しているアパートを売りに出したい」
「アパート買取相場が知りたい」

アパートやマンションなどの賃貸用不動産を所有している人は、日本にたくさんいます。
賃貸業は江戸時代までさかのぼるといわれています。
それくらい昔からある職業なのです。
ですが、日本ではあまり職業として意識せずに賃貸業を行ってきた大家さんが多かったのも事実です。
ですが現代の日本の少子化の時代を迎えて、その考え方では賃貸業が成り立たない状態になっているのも事実です。

参考:アパート買取相場

【佐藤塾】変わらない価値を持つ不動産投資

【検証】オール電化のメリットやデメリットをチェック

サラリーマン大家なるものも登場しつつある

昔は地主の税金対策などで、賃貸業は土地を持っている人の専売特許のようなものでした。
ところが最近ではサラリーマン大家なるものも登場しつつあります。
そのため、賃貸業が副業として一般的になってきました。
特にアパートやマンションを経営することにより、不労所得を得ることが出来るというのが魅力的です。
一度手にした物件は売却しない限り、半永久的に稼いでくれる可能性があるのも事実でしょう。
ですが、不動産投資には出口戦略がつきものです。
永遠に持ち続けてインカムゲインを得るのも楽しいものですが、時には不動産を売却しなければならない条業になる場合もあります。

購入するのは投資家の方がほとんど

そのような状況になった時には、市場で所有する物件を売りに出すことになります。
もしも立地の良い物件であれば、すぐに買い手がつくことでしょう。
購入するのは投資家の方がほとんどです。
ただしすぐに買い手がつくのは条件があります。
それはやはり「立地の良さ」です。
立地の良い物件であれば、すぐに買い手がつくものです。

不動産は流動性の低さが時にデメリットになる

不動産は流動性の低さが時にデメリットになるといわれます。
たしかに、立地の悪い物件であれば、市場で売れ残ってしまい現金化することに時間がかかってしまいます。
それを防ぐには不動産を仲介として売りに出すのではなく、買取という方法を選べばよいのです。
不動産には仲介と買取という2つの方法があるのをご存じでしょうか。
仲介は主に一般的に市場に物件情報を流して、買い手を見つける方法になります。

買取であれば専門の不動産業者が即座に買い取ってくれる

ほとんどの不動産はその方法で買い手を見つけます。
ところが仲介のデメリットは買い手がなかなか見つからないことがあるという事です。
その時のために買取という方法があります。
買取であれば、専門の不動産業者が即座に買い取ってくれるので、すぐに現金化したい場合には、仲介よりも買取という方法を選んだほうがメリットが有るといえるでしょう。

まとめ

特に古いアパートであれば、なかなか買い手が見つからない可能性が高まります。
そう考えるとよい手段ではないでしょうか。

光本氏も推奨!会社設立代行会社を上手に活用しよう

「会社設立を代行するメリットについて知りたい」
「自分で会社を設立するやり方が分からない」
「光本勇介さんが現在どうなっているのか知りたい」

会社設立を行うとなった場合には、必要な事務手続きは簡単にはいきません。
自分自身で全てをやろうとなると、かなりの手間と時間がかかることになるでしょう。
会社設立にあたって、いろいろなことを考えたいのにもかかわらず、事務作業に時間を費やす事はできる限り避けたいものです。
このような時におすすめのものとして、会社設立の代行会社が挙げられます。

※光本勇介の経歴/人物像、起業/売却した会社やサービスについてまとめました。
光本勇介 今

会社設立を代行してもらうメリット

会社設立は社名や取締役を人選すれば終わりと言うわけではありません。
どのような会社にするのかを表す定款を作った上で、法務局に提出するための書類も作らなければならず、1連の手続きはかなり複雑です。
もちろん自分自身で行うこともできますが、法律的な専門知識も必要であり、決して簡単とは言えません。
自分で会社設立の手続きを行えば、会社の法律に詳しくなるなどのメリットもあるものの、創業を控えているときに、このような時間の余裕があるケースはあまりありません。
多くの経営者が、手続きを専門家に代行してもらっているのが実情なのです。
手続きをしてから不備があった場合には、登記の完了が先延ばしになることも考えられ、銀行口座の開設なども遅れてしまうことが予想されます。
開業までに余裕があれば良いかもしれませんが、すぐにでも創業して事業をスタートさせたいのであれば、代行会社に依頼するのが1番です。

フリーランスエンジニアとはどんな働き方をするの?

書類の作成は専門的な知識が要求される

会社の設立を専門に扱う会社も多く見られます。
会社を設立するにあたり法務局に書類を提出する必要がありますが、この書類の作成は専門的な知識が要求されます。
自分自身で作成する事は決して簡単なこととは言えないのです。
準備に忙しい状態なのにもかかわらず、事務作業を行ったり、法務局に足を運ぶ時間をかけたくないと言う経営者も非常に多いはずです。
このような手間を一手に引き受けてくれるのが代行会社で、創業の際には強い味方になってくれるはずです。
会社を設立するにあたり必要な定款の作成業務に関しても、大きなアドバイスをくれます。
どうやって業務を進めていけば良いのか、どのような会社にしたいのかを伝えることで、適切な定款を作成してくれることでしょう。
設立の際の業務だけではなく、創業後の経営などにおいても、顧問税理士としてサポートしてくれるところも多いです。
事業運営において適切なアドバイスを受けながら、運営していくことができるので、長い付き合いをしていくことができるでしょう。

設立の代行サービスを選ぶ場合の注意点

このような設立の代行サービスを選ぶ場合には、いくつかの注意点があります。
多くの代行会社があるので、自分の会社にぴったりのサービスを選べるように、しっかりとポイントを把握しておきましょう。

代行業務の範囲をしっかりと確認する

その1つが代行業務の範囲をしっかりと確認することです。
代行会社や提供プランによって、どの程度の業務に対応してもらえるのか、その範囲は非常に待ち待ちです。
中には書類作成だけをサポートしてくれるところもあります。
また作成した書類を法務局まで提出する際の代行まで行ってくれるところもあるのです。
当然のことながら業務の範囲の広さにより料金も変わるので、予算に合わせて検討することが大切です。
あまりにもリーズナブルな料金である場合には、自分が思っているようなサポートを受けることができずに、作成した書類にも不備があり、場合によっては受理されないことも予想できるでしょう。
多少お金がかかるかもしれませんが、責任を持ち最後までしっかりと対応してくれる会社やプランを選択することが大切です。
特に会社の設立が初めてとなると、出来る限り書類の作成や法務局への提出まで、すべてを代行してくれるところを選ぶのが望ましいです。

顧問税理士としての契約の有無も考える

そして顧問税理士としての契約の有無も考える必要があります。
近年では会社設立の代行手数料が無料と言うところも増えてきています。
その条件として設立した後に顧問税理士としての契約を結ぶことが1つの条件です。
会社を経営していく上で、税理士には必ず必要です。
税理士契約を結ぶ先が決まっていないのであれば、一緒に依頼することを前提に考えると良いでしょう。
阪大に顧問税理士として契約を考えている税理士がいるのであれば、その税理士に設立の手続きについて相談してみるのが望ましいです。
中には0円で設立と言うキャッチコピーに惹かれて、一切お金がかからないと考える人も非常に多く見られます。
しかし定款の提出や、法務局等に支払う金額はゼロでは無いことをしっかりと覚えておきましょう。

【まとめ】電子定款への対応の有無

さらには電子定款への対応の有無についてです。
設立の際には定款は必ず必要なものですが、その提出方法は通常の書類としての定款と、もう一つが電子データとしての電子定款と呼ばれる2つの種類があります。
書類として提出するとなった場合には、4万円分の収入印紙を貼らなければなりません。
しかしこれが電子定款となると、収入印紙の貼付は要らないのです。
電子定款は設立にあたり費用を大幅に抑えることができるので、選定の際に電子定款に対応しているのかどうかもしっかりと確認することが大切です。

フリーランスエンジニアとはどんな働き方をするの?

「フリーランスエンジニアの働き方を知りたい」
「フリーランスエンジニアの案件を探している」
「在宅型と常駐型のそれぞれのメリットやデメリットを知りたい」

フリーランスエンジニアは、会社などに勤めることなく個人で仕事を請け負うエンジニアのことをいいます。
案件ごとに企業と契約を結ぶのが一般的です。
自宅で作業を行う在宅型と、契約先の企業に出向いて作業を行う常駐型の2種類の働き方がります。

光本氏も推奨!会社設立代行会社を上手に活用しよう

モデーアなどのMLMを始めるメリットとデメリット

エンジニアの仕事はリモートワークに向いている

元々、エンジニアの仕事はパソコンがあればどこでも行えることが多いので、リモートワークに向いています。
在宅で働いている人も多く、企業に縛られない自由な働き方として注目されることもあります。
常駐型の場合には、一定期間ごとに契約や更新を行うことが多いです。
在宅型と常駐型ではそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらがいいとはいえません。

在宅型は移動時間や交通費などを省ける

在宅型はわざわざオフィスなどに出向かなくていいので、移動にかかる時間や交通費などを省けるというメリットがあります。
一人で黙々と作業をするため、人とあまり交流したくないという人にも向いています。
また、小さいお子さんがいたり介護が必要な家族がいるといった場合でも働けることも多いです。

常駐型は企業からのニーズは高い

常駐型はオフィスに出向かなければなりませんが、企業からのニーズは高いです。
契約企業で働く人や他のエンジニアと接する機会も多いので、業界のトレンドを把握したり刺激を受けたりすることにもなります。
チームで作業を行うこともあるので、モチベーションが維持しやすいという人もいます。
直接顔を合わせるので、待遇などの条件面の交渉がしやすくなることもあります。

フリーランスエンジニアは今後もますます増えていく

フリーランスエンジニアは、今後もますます増えていくことが予想されます。
IT技術の進化に伴い、エンジニアの需要は年々増えていっています。
そのため人手不足になっており、フリーランスエンジニアとして高収入を得ている人もいます。
会社に勤めるのとは違い、自分が好きな案件だけを選ぶといったこともできます。
企業で働くよりも、高収入を得られることも多いです。

自分で案件を獲得しなければならない

ただし、フリーランスエンジニアの場合には、自分で案件を獲得しなければなりません。
ただ待っているだけで仕事が転がり込んでくるわけではないので、仕事を獲得するには自分のスキルを売り込む必要があります。
条件面の交渉などもすべて自分で行わなければなりません。
確定申告なども自分で行う必要があります。
それからフリーランスエンジニアは高収入が得られる可能性が高い一方で、病気や怪我などで働けなくなると収入がゼロになってしまうリスクもあります。

まとめ

福利厚生などもありませんし、社会的な信用という面では会社員に劣ってしまいます。

フリーランスエンジニア開発案件