「趣味」カテゴリーアーカイブ

横山さんのような多くの鉄道ファンを持つ鉄道の魅力

日々の生活はもちろん特別な思い出作りを目的にした旅行などの時にも利用する機会が多い鉄道は、大勢の人達にとって身近であるが故に子供から大人まで幅広く魅了しています。
そのように大勢の人達を魅了しているからこそ、一言で鉄道ファンと言っても個々の好みによって細分化できるのも特徴的であり、特に気軽に始められて魅力に浸れるのが写真撮影を目的にする事例です。

鉄道ファンの特徴

写真撮影を目的にしている方々に対して大勢の人達が認知しているのは、利用している駅におけるホームでカメラを構えていたり線路脇で撮影している様子が視界に入る事が多いためです。
停車していたり走行している車両を被写体にして撮影する事を目的にしているが故に、目的の場所に停車したり通過する時刻を時刻表などを用いて把握していますし、通過するまでに走行するルートなどに至るまで広く熟知しています。
鉄道は各企業が利用者の増加を目的にしたり、旅気分をますます高めてもらう目的で限定車両を用意し走行させる事も多いので、一時的に見られる列車が走行する時にはより多くの鉄道ファンが訪れます。
同様にこれまでに長い年月にわたり活躍し続けてきた車両が引退する時にも最後の姿を写真に収めるべく多くの人達が訪れますし、大勢の人達が集まっている様子がメディアに出る事も珍しくありません。

鉄道の魅力を横山英俊氏はどう見る?

様々な移動手段が存在している中、乗車しながらじっくりと景色が眺められる方法としても支持されているのが鉄道ですが、心置きなく景色が眺められる様子に魅了されて鉄道ファンになる方も多いです。

参考・・・横山英俊の鉄道ブログ

写真撮影を目的にしている方々はホームや線路脇でカメラを構えてシャッターを切るので車両に乗車する事例は稀有ですが、実際に乗車して楽しむ方々は旅行に出かける時のように席に座って過ぎゆく景色に目を向けます。
高速で走行する車両も人気がありますが、ゆっくりと走行していくローカル線は特に人気がありますし、穏やかな田園風景の中を走る車両は連結されている車両数が少ない様子も相まってより旅気分を高めてくれます。
写真撮影を目的にしている方々は活躍してきた車両が引退する時に特に大勢が集まりますが、乗車する事を目的にしている方も同様に最後の運行になる時には大勢が集まります。
実際に車両に乗車して楽しむ事を目的にしている方は身体に感じる揺れやエンジンの音、車輪の音などを楽しんでいる方も多いのですが、聞こえてくる音にますます集中して楽しむ方も増加傾向です。

実際に現場に居なくても記録されている音声を聞いて旅気分に浸れる

電車が走行している時には利用客に向けて案内される車内放送や駅における音声などがあり、実際に現場に居なくても記録されている音声を聞いて旅気分に浸る方が増えています。
インターネットには直々に車両内や駅にて流れている音声が公開されているので、インターネットに接続できる機器を使用して自宅など好きな場所で過ごしながら音声を聞けばすぐに非日常の雰囲気が味わえます。
そのような音にフォーカスを当てた場合は、車両によってもそれぞれによって走行音が異なる様子にも気が付けるので、まだ乗った事がないものの気になっている電車の走行音を聞いて楽しむのも良いですし、かつて利用していた電車の音を今一度聞いて懐かしさを感じるのも良い楽しみ方です。
音を楽しむ方々のように、その場に居ながらにして旅の気分に思いを馳せる方法として挙げられるのが時刻表を眺めながら過ごす過ごし方です。
実際に旅に出かける時にも難なく持参できるようにコンパクトな仕上がりになっているのにも関わらず、記録されている内容はとても充実しているため、その場に居ながらにして遠く離れた場所の発着時刻などについても考えられます。

実際に出かけた時の事を考えつつ乗り換えをするイメージをしながら時刻表を眺める

時刻表を眺めながら楽しむ鉄道ファンの中で支持されているのが、実際に出かけた時の事を考えつつ乗り換えをするイメージをしながら時刻表を眺める事です。
あらゆる電車の発着時刻が記録されているが故に、気になる列車を見つけた後に円滑に乗り換えられる列車を探したり、珍しさが感じられる時刻表を見つける事も楽しみに繋げやすいです。
そして、定期的にダイヤは変更されていくので、現在のダイヤでは存在しているものの今後改正されたら時刻表から無くなる電車を見つけ出したり、新しく車両が作られた時に走らせる時刻を見出す方も居ます。
鉄道ファンの中にはかつて多くのお客様を乗せて日々走行し続けていたものの、現在では鉄路も残されていない廃線に興味関心を抱く方も居ます。
廃線になった所は散歩がしやすい道に生まれ変わっていたりバスが走行する専用道路になっている事例が多いので、訪れてみると面影が見つけられてノスタルジックな雰囲気に浸れます。

まとめ

同様にノスタルジックな雰囲気に浸りたいのなら、古書を取扱している書店などに訪れて歴史が古い地図を手に入れて見るのも楽しい過ごし方です。
今は残っていない鉄路が現役で存在していた光景を目にすれば、鉄道ファンが過ごしている町が歩んできた歴史について知識が深められます。