「未分類」カテゴリーアーカイブ

新型コロナウイルスで困窮する人を募金で支援するには

世界でも多くの人が感染し、命を落としている新型コロナウイルス感染症は日本国内でも多くの人に影響を与えています。
しかし海外に目を向けると、途上国などではさらに大きな影響を受けています。
低所得国では新型コロナウイルスの流行のために、保健サービスが減少したり生活環境が悪化したりしているのです。
そのような状況の中で世界の人々や現在の世の中をよくするためになることができれば、と考えている人は多いのではないでしょうか。

ユニセフ募金などを活用して貢献する

将来の日本の経済や人々の健康についての不安があるなかでも、今できることで必要な人を支援したいという気持ちを形にするには出来る範囲での募金をするのも良いかも知れません。

人のために何か貢献をすることは、世の中のためになるだけでなく本人にとってもメリットがあります。 というのも人の役に立ったと実感できると、本人の幸福感も増すからです。

見ず知らずの他人のためにすることで自分も幸せになれることは、現在の閉塞感の漂う状況を好転させるのに役立つ可能性があります。
勿論お金を与えることだけでなく、社会に貢献する方法は様々なものが考えられます。
他の方法で人や社会の役に立つことをする、というのでも構いません。
とはいえ誰もがすることを考えた場合に、準備や用意をすることなくすぐにできるのは募金という方法です。

新型コロナウイルスの募金について

新型コロナウイルスの募金は、さまざまな団体がそれぞれの目的で募っています。
例えば良く知られている有名な公益財団法人によるものや一定の地域への支援をしている特定非営利活動法人によるもの、親を亡くした子供たちを支援する一般財団法人によるものなどがあります。
それらの中には世界の国や地域で、子どもたちの命や成長を守る目的で運営されている団体によるものがあります。
日本ユニセフ協会は長い歴史があり、日本でも戦後に支援を受けていた時期がありました。
この団体の場合には、今回の新型コロナウイルス感染症のパンデミック以前から世界の子どもを支援する、様々な募金活動をしています。
支援する地域や国は一定の基準によって選択され、支援が配分されています。

日本ユニセフ協会で募金する意味

通常の寄付であれば集められたお金は、どこの地域のどの活動に使われるか寄付者が指定することが基本的にはできませんでした。
しかし新型コロナウイルス感染症の寄付金の場合には、集められたお金は貧困国の人々にワクチンを接種する目的で使用されることになります。
生活に困窮する人たちが多くいる低中所得国の人たちを、新型コロナウイルスの感染症から守りたいと考えるのであればこのような活動をおこなっている団体を支援する方法がよいでしょう。
また途上国ではなく、日本人にとってより身近な日本国内の新型コロナに対応している医療機関や医療従事者を支援したい、と考えている人も多いと思われます。
医療従事者や医療機関の負担の大きさをメディアで知り心を痛めているのであれば、医療崩壊を防ぎ医療従事者の負担を軽減させることが出来るような活動を募金によって支援するのがおすすめです。

寄付金の使い道について

寄付をすると審査によって選ばれた医療機関に交付され、医療器具の購入や人件費として使われる事になると考えられています。
医療器具というのは例えばマスクやガウン、人工呼吸器などがあります。
とはいえどのようなところで募金をすれば良いのかわからない、という人は多いかも知れません。
寄付金集めの活動といえば駅前や街なかで呼びかけるというものがありますが、屋外で人が集まったり大声を出したりすることができない今の時代では町なかで寄付を募っている活動をする人の姿はあまり見かけることがないからです。
屋外の人の集まる場所でそのような活動は控えられていますが、今はネットで寄付金を募っている活動をみかけるようになりました。

100円ほどから寄付をすることもできる

有名な寄付サイトでは医療や福祉文化、雇用喪失などといった分野ごとに寄付金を募っていて、誰でも自分の関心の高いものに寄付することができるようになっています。

寄付の方法にはクレジットカードが使われていたり、ポイントカードのポイントで寄付ができたりすることもあります。 100円ほどから寄付をすることもできるので、それぞれの人が自分の出来る範囲で人や世間の助けになることをすることができるのが良い点です。

人のためになるようなことがしたいけれど、自分の経済状況もそれほど楽ではない・将来が不安だという人もいるかも知れません。
しかし数百円円程度であれば、出せるという場合は多いでしょう。
そのような気持ちを表すことができる方法がです。

まとめ

一般的にお金の寄付をすると税務申告の際に控除ができることがありますが、このネットでのお金の寄付の場合でも控除の対象となります。
控除のために申告をするのであれば、控除証明書が必要となるので申告する予定であれば受け取っておく必要があります。
とはいえ100円程度の場合には、発行されないこともあるので注意が必要です。
その場合には決められたある程度の金額以上の寄付が必要となるので、予め確認してから寄付するようにすることをおすすめします。