「教育」カテゴリーアーカイブ

富士学院さんに聞きたい!医学部受験の難しさを考えてみよう

医学部受験は難しいという漠然としたイメージを持っていても、具体的に何が難しいのか理解していない方も多くいます。
しかし医学部受験に立ち向かうためには、何が難しいのか把握し、合格のために必要な対策を立てていくことが大切です。

偏差値の高さ

難しいと言われる最大の理由としてあげられるのが、偏差値の高さです。
医者になるために大学へ進学する方の中には、中学や高校で学年1位の優秀な成績を収めてきた学生が多くいます。
そして有名な進学校に通っている方が進学を目指している場合も多いため、ライバルとなるのは全国でトップクラスの方ばかりです。
そのような偏差値が高いライバルと一緒に試験を受けることになるため、学力がないと合格できない環境だと押さえておきましょう。

参考/富士学院を選ぶメリットや特徴は?

基本的な問題集などをしっかりと行うだけでも合格を目指すことは可能

トップクラスの受験生が集まる環境のため、医学部を受けるためには特殊な対策が必要というイメージを持っている方も多くいます。
しかし難しいと言われる理由には、特殊な対策が必要という要素はありません。
難易度の高い問題を解くことも大切ですが、基本的な問題集などをしっかりと行うだけでも合格を目指すことは可能です。
難しいと言われるといっても、試験で出題されるのは高校の教育課程で習う項目のみです。
そのため高校の授業内容を100%理解して自分の知識として活用できる方であれば、合格できる確率は高まります。

自分ならではの勉強法を見つけて学力をアップさせる

また合格に近づくためには、実際に合格した方の体験談を参考にして、同じ方法を実践すればいいというイメージを持っている方もいます。
しかし同じ方法を実践するだけでは、合格に近づけるとは限りません。
同じ内容の勉強をする場合でも、人によって合っている勉強法には違いがあります。
そして自分と合わない勉強法を続けたら、成績を上げるのが難しくなってしまうので注意しましょう。
全国トップレベルの偏差値に到達して志望校の合格を目指すためには、自分ならではの勉強法を見つけて学力をアップさせることが大切です。

何となく良さそうだと感じたベターな選択肢を実際に試してみる

ここで問題になるのが、自分に合った勉強法を見つけるためにはどうしたらいいのかという点です。
成績を上げるために、自分に合った勉強法探しに時間を割いてしまう方も多くいます。
ですが自分に合った勉強法を探すことは大切なものの、勉強法探しだけに時間を使ったら意味がありません。
最初からベストな勉強法を見つける必要はないので、まずは何となく良さそうだと感じたベターな選択肢を実際に試してみましょう。
勉強しながら色々な方法を試していくことで、自分に合った勉強法を見つけて学力を伸ばしやすくなります。

ライバルを意識しすぎて焦ってしまう

また医学部受験における難しさの理由の1つが、ライバルを意識しすぎて焦ってしまうという点です。
模試を受けた際に、ライバルたちより成績が低くて志望校に合格できるかどうか不安になって焦って勉強に集中できない方もいます。
勉強しても成績が上がらないと、自分の勉強にやっている価値があるのか不安になってしまう方もいるでしょう。
しかし少し勉強しただけで、成績はすぐに反映されるものではありません。
成績を伸ばすのに時間がかかる方もいますが、成績が上がる前に焦って自滅してしまうと合格までの長い道のりを乗り切るのが難しくなってしまうので注意が必要です。

基礎をしっかりと固めるということを意識する

さらに勉強を進めるうえで、最初から難易度が高い問題を解こうとして挫折してしまう方も多くいます。
確かにトップレベルの偏差値の人たちと同じ大学を目指すうえでは、難易度の高い問題を解ける学力を身につけることが大切です。
しかし最初から難易度の高い問題を解こうとしても、基礎が身についていない段階では解くためのアプローチの方法すらわからず戸惑ってしまうこともあります。
難易度の高い問題を解くことは大切ですが、勉強を始めたばかりのタイミングでは、基礎をしっかりと固めるということを意識しましょう。

成績アップにつながりにくい基礎固めの対策が難しい

医学部受験の勉強において、基礎というのは勉強の土台となる大切な部分です。
土台の基礎が不安定な状態だと、応用問題に進んだときに対応がしにくくなります。
ですが基礎ばかり勉強をしていると、成績アップにつながらないので焦ってしまう方もいます。
しかし基礎がしっかりと固まっていれば、応用問題に進んだときにスムーズに解きやすくなるという点を押さえておきましょう。
成績アップにつながりにくい基礎固めの対策が難しいというのも、合格への道のりが大変と感じる人が多い理由の1つです。

試験までの時期に合わせた勉強の進め方が大切

そして合格へとつなげるためには、試験までの時期に合わせた勉強の進め方が大切です。
試験の半年前までは基礎を固め、3カ月前までは応用問題を中心に解く、そして本番直前までは過去問を中心とした対策をするなどのスケジュールを立てて進めていくことが大切です。
しかしスケジュールを決めるのが難しい、決まってもスケジュール通りに進められないなどの点で挫折してしまう方もいるので注意が必要です。

まとめ

医学部受験が難しいとされる理由には、さまざまな理由があります。
実際にどのような理由があるのか1つずつ確認しながら、合格に向けてどのような対策が必要になるのか考えていきましょう。

選ばれている東進衛星予備校の特徴

東進衛星予備校は多くの生徒に選ばれている予備校で、様々な特徴があります。
講師のレベルの高さも東進の特徴のひとつで、日本全国から大学受験のプロフェッショナルが集まっています。
受験生を希望する大学へと導いてきたエキスパートなので、攻略法や大切なポイントを効率的に学べます。

東進衛星予備校の通期講座

東進衛星予備校の通期講座は、学力を伸ばすために最適な口座を選択できます。
一般的な予備校だと1週間に1回の授業を1年間のスケジュールで学びますが、東進の高速学習なら最短2週間で修了可能です。
高校入門から東大レベルまで多彩な講座が揃っているので、レベルに合った講座を選択できます。
授業の進め方も講師や講座により様々で、講義形式だけでなくテストゼミ形式の講座もあります。
通期講座を上手に活用すれば、合格設計図を作成して飛躍的な学力アップを目指せます。
生徒の学習をフルサポートする東進学力POSなら、学習の進捗状況を可視化できます。
受講の状況やテスト結果を記録できるので、勉強内容が一目で確認でき復習も効率よく進められます。
オンラインで確認テストや高速マスター講座、講座修了判定テストを受ければ時間の無駄がなくなります。
事前に受講の予約を入れれば、自宅での勉強を習慣化できます。
担任や担任助手は、東進学力POSを活用して的確な指導を行えます。
テストの受験結果や受講状況、模試の成績まで一元管理できるシステムなので、計画通りの学習を進められます。

管理システムを活用して生徒の状況を正しく把握

東進では管理システムを活用して生徒の状況を正しく把握し、適切なアドバイスを行っています。
パソコンを活用して基礎を効率的に身につける高速マスター基礎力養成講座や、過去問演習講座など多様な講座で学べます。
入試全範囲の知識修得や概念理解、志望校対策の演習まで合格するために必要な全ての学習を網羅しています。
東進で学力が伸びる理由のひとつが講座体系で、現在の学力と志望大学に合わせて独自のカリキュラムで学習を進めます。
国立大学でも私立大学でも英語は重要な受験科目のひとつなので、多くの受験生が英語の勉強に力を入れています。
東進の英語講座には生徒の目標や学力に応じて学べる難易度別システム英語や独自の方法で講師が授業を展開する特設単科講座など、様々な講座が用意されています。
CEFRに対応して開講した英語4技能講座も受講でき、大学入学共通テストに対応している講座もあります。

生徒は学年を問わず短期間に集中して受講できる

新しい入試対策も万全で、生徒は学年を問わず短期間に集中して受講できます。
数学も学生のレベルに応じた講座が揃っているので、生徒はレベルと学習単元を選択して勉強に取り組めます。
高等学校対応数学が設置されているので、高校で行われている授業と東進で行われている授業の相乗効果を得られます。
大学入試のために基礎的な学力を身につけ、現在の実力と志望大学の難度に応じて実践力を養います。
国語の現代文は、読む力や知識など3点から科学的に分析したメソッドが提供されます。
東進の小論文講座では、小論文の土台になる基本的な知識をマスターします。
添削課題を積み重ね、テクニックを定着させて幅広い教養と読解力を身につけます。
古文と漢文では、古典文法や古文単語などの学習を初歩からスタートできるカリキュラムを構築しています。

最小単位の学習項目を完璧に身につけて入試レベルまで無理なく到達できる

理科の学習では教科書レベルの基礎学力を習得し、基礎を応用できる柔軟な思考力と論理的な表現力を養成します。
東進は、最小単位の学習項目を完璧に身につけて入試レベルまで無理なく到達できる学習カリキュラムを持っています。
理科の高等学校対応講座は4科目あり、教科書のレベルを徹底的に理解して定着させます。
地歴公民は、体系的なカリキュラムで総括的に全体を把握できる内容になっています。
東進のスタンダード講座は全体像を総括的に把握できる講座で、基礎編のベーシック講座や難関大学を目指せるハイレベル講座もあります。
AIとビッグデータを融合した個別対応プログラムも、東進衛星予備校の特徴です。
AIによる学力診断で生徒の学習課題を特定し、最適な必勝必達演習セットを提案します。
志望校別単元ジャンル演習講座では苦手ジャンルを克服して、入試直前の総仕上げを行います。
東進衛星予備校MSGには、入試問題の出題傾向や独自の学習法など大量のデータがあります。
第一志望校対策演習講座では、データをもとに厳選した演習セットを提供して合格の可能性を高めます。
東進では担任が合格指導面談を行い、最適な学習方法を導き出して日々の学習状況を確認しています。

まとめ

担任は生徒のモチベーションを高めて維持し、志望校に合格するまでサポートします。
データ分析と指導経験を参考にして、第一志望校に合格するための合格設計図を作ります。
東進には担任が実現の可能性をチェックするシステムがあるので、万全の合格設計図を作成できます。
IT授業による高速学習は、生徒のレベルや目標に合わせて時間を最大限に活用しながら学べます。