「健康」カテゴリーアーカイブ

インプラントは早めに治療が大切!

従来虫歯になると、ドリルを使い歯を削り詰め物を入れてから最後に被せ物で覆うといったスタイルが一般的でした。
これは現代の歯の治療でも行われているやり方ではありますが、虫歯の状態が悪いと歯を抜いてしまうケースが多く、一旦抜いてしまえば二度と生えて来ることはないので食事や会話などに支障をきたさないために入れ歯やブリッジなどを使い歯の代わりを使う生活を強いられることになります。

余程悪化していない限りは歯を抜くことはない

現代では、なるべく自然の歯を残して治療を行う歯医者さんが多くなっていますが、その中でも根管治療を行うところなどの場合は、余程悪化していない限りは歯を抜くことはなく、傷んでいる歯髄と呼ぶものを取り除いて根管を注意深く洗浄、感染の再発を防止するために根の中に詰め物をするなど、肉眼では見ることができないような細かな治療を得意にしている専門医がいる歯医者さんも少なくありません。

歯医者さんのホームページにアクセスした際に、根管治療とはどのような治療法なのか興味があり見たことがある人は多いのではないでしょうか。
虫歯が非常に深く進行すると、歯の中心部にある神経まで虫歯菌に侵されるといいます。
神経は痛みを感じる部分ですからここまで虫歯菌に侵されると常にズキズキといった痛みが起きるようになります。
歯の痛みは、物事への集中力を欠乏させる要因や、食事を楽しく食べることができなくなるなど良いことは何もない症状ですから、痛みを感じるようになると歯医者さんに出向いて治療する人が多いのが特徴です。

神経まで虫歯菌に侵されている場合

神経まで虫歯菌に侵されている場合には、神経そのものを除去する治療も必要になりますが、早期の段階であればドックベストセメントと呼ぶものを使って神経を温存できることもあるといいます。
ドックベストセメントは、神経を除去しなければならない大きな虫歯を削ることなく神経を温存可能にする特殊なセメントです。
虫歯の治療では、虫歯菌に侵されている部分はすべて取り除くことが基本ですが、虫歯そのものが大きい場合にはすべての虫歯を取り除いてしまうと痛みが出て来て神経の治療も必須になりがちです。
神経の治療は痛みが起こりやすくて治療期間および回数が多くかかるし、神経を取り除いた歯というのは弱くなるといいます。
折れてしまうこともあれば、根の先に膿が溜まることもあるなど避けなければなりませんよね。

そして、歯の神経を除去することを根管治療や抜髄処置と呼ぶのですが、この治療は歯科治療技術の中でも最も難しいともいわれており名医と呼ばれる専門医にお願いしないと再発の可能性も出て来るわけです。
とても小さい針のような道具を用いて、口の中を突かれているような感じになる、前回も確か同じようなことをしていたけれども繰り返し何をしているのか、治療中はこのように感じるかもしれません。
根管治療はとても小さい部分の治療になることからも、マイクロスコープや歯科用の顕微鏡などを用いて、拡大したものを見ながら行うのが特徴です。

インプラントは3つの構造になっている

このように、根管治療は自然に生えている歯を治すことができる画期的な手法になるけれども、症状に応じて手遅れといった場合には抜歯を余儀なくされることもあります。
インプラントは、噛む力を取り戻すことができる、自然の歯と同じような機能が甦るなどといわれているのですが、インプラントは3つの構造になっていることをご存知でしょうか。
顎の骨に埋め込む土台と土台に取り付ける中間パーツ、そしてその上には人工歯といった3つの構造になっています。
中間パーツは一般的にはネジ式になっていて土台が完成した時点でネジを回すような感覚で取りつけます。

土台は、顎骨に埋め込むものですが、これはチタンと呼ぶ金属製の素材になっているもので骨との親和性が非常に高く、装着してから3か月~半年ほどで骨と同化するといいます。
骨との同化は土台そのものが骨の一部の構造になるなどの意味があるわけですが、土台そのものが顎骨と一体になるので食事をするときの噛む力を骨に伝えることができる、これがインプラントの最大のメリットになる部分です。
入れ歯などの場合は、顎骨とは完全に分離されているため噛む力そのものは入れ歯自体が受け止めることになる、硬いものを食べると入れ歯が壊れてしまうことがある理由はここにあります。

まとめ

顎骨は、歯があるときにはしっかり骨の役割を果たそうとするけれども歯を抜いてしまうと役割を終えたと考えるのか衰退してしまうのが特徴です。
そのため、歯を抜いてから長期間何もしていない状態のまま放置しているとその部分の骨の量が減ってしまいインプラント治療をそのまま受けることができなくなります。
骨の密度などが少ない場合には、最初に骨を増やすための外科的手術が行われるためトータル的な治療期間は長くなり、費用についても骨量を増強させる手術を受けているわけですから高額なものになりがちです。
そのため、歯を失ったときなどは早めにインプラント治療を受ける、これが鉄則です。

今福鶴見 インプラント