「住まい」カテゴリーアーカイブ

【検証】オール電化のメリットやデメリットをチェック

「オール電化かガスか悩んでいる」
「オール電化のメリットとデメリットを比較したい」
「新築を建てる際、オール電化かガス併用か悩んでいる」

快適な生活をするために、住宅なども重要なポイントです。
生活の基盤となるという点からも、しっかりと住宅を選ぶということは大切だといえます。
近年では、オール電化の住宅などもあるため、検討してみるというのもいいでしょう。

オール電化のメリット

電気料金プランによってはコストを抑えることができる

オール電化のメリットとして挙げられるのは、お湯や暖房といったものに対してコストが比較的抑えられるという点や熱源となるものを住宅内に持つことがないため安全であるという点です。
生活上、お湯などはよく使います。
飲む目的や料理をする際、それ以外にもお風呂のお湯を沸かすなどさまざまな場面で使用するものです。
ガスを使ってお湯を沸かすことは、一昔前なら主流でしたが近年では電気で沸かすということも可能であるという点からも電気代がかかりますが、電気料金プランによっては、比較的コストを抑えることができるというのがメリットといえるでしょう。
夜間の電気料金が安いプランならば、夜にお湯を電気を利用して沸かすことでコスト的にはガスよりも安くなる傾向があります。
必要なお湯を夜の間に沸かしておき、昼間そのお湯を利用することで生活上、問題なくお湯を利用できるためこの点は、コスト的な面でメリットがあるといえるでしょう。

蓄熱タイプの暖房機を利用することでコストを抑える

暖房に関しても、蓄熱タイプの暖房機などを利用することで、これも夜の電気の単価が安くなる時間帯を利用して蓄熱をしておくことで暖房費なども抑えることができます。
そのため、冬場の寒い時期などに暖房を利用したいという場合には、オール電化の住宅で蓄熱タイプの暖房機を利用することでコストを抑えるといいでしょう。
電気を利用するという点では、エアコンでの暖房も便利ではありますが、コスト的に観た時には蓄熱タイプの暖房機を利用し、蓄熱の時間帯なども考えてコストができるだけ安くなるように工夫をすることでエアコンと比較してみてもメリットがあるといえるでしょう。

火災に対してガスよりも安全性が高い

ガスを利用する場合には、ガス漏れのリスクや不完全燃焼などを起こしてしまった場合の一酸化中毒などのリスクが考えられます。
そのため、安全性などに関して重視したいと考えた場合には、オール電化のほうがガスコンロなどを使用することがないため、火災に対してガスよりも安全性が高い傾向がある点はメリットといえるでしょう。
また、よく自分で料理をする人などの場合には、夏場など気温が高い時期など調理をすることでガスで火を使うとなると熱量によってキッチンまわりが熱くなる傾向があります。
ですが、調理する熱源をIHクッキングヒーターなどを利用することで、そのようなキッチンまわりが熱くなるという状況を緩和、回避することができる点もメリットといえるでしょう。

電気温水器などのタンク内に水があれば生活用の水として使用できる

日本では、自然災害なども多く、特に地震などでの被害は状況によっては広範囲に及びます。
震災の状況にもよりますが、ガスや電気、水道などがやられてしまうと、生活に必要なものが使用できない、飲み水の確保などが困難な状況などにもなりかねません。
このような非常時に対して、オール電化の住宅なら電気温水器などのタンク内に水があれば生活用の水として使用することができるため、災害時においてもメリットがあります。
そして、ガスや水道などは災害時において、復旧が遅れることもありますが、電気に関しては復旧が比較的早い傾向があります。

【参考】後悔したくない!新築はオール電化とガス併用、どっちがいい?

オール電化のデメリット

設置するためのコストが高い

デメリットなども、押さえておきましょう。
オール電化にした場合に、利用できる蓄熱タイプの暖房機など設置するためのコストが高い傾向があります。
利用している際のコスト的には安いとはいえ、初期の設置の段階でその設置コストが高いというのはデメリットです。
また、停電時などは電気を利用して使用する家電のたぐいは使えなくなってしまうため、住宅全体的に電気に依存している場合には、停電から復旧するまでの間生活をするうえで家電が使用できず不便だといえるでしょう。

昼間などの電気料金が高め

その他にも、夜間に電気料金が安いというプランは、昼間などの電気料金が高めです。
そのため、日中に電気を使用することが多い場合には、割高な料金で家電などを使用することになりかねません。
その点から、生活上夜に電気を使用するように心がけることも必要になってきます。
使用コストを抑えたいけれど、生活上日中に電気を多く使用する生活をしてしまっては、かえってデメリットとなってしまう可能性もあるため注意が必要です。

まとめ

このように、メリットやデメリットが存在しますがどのような生活状況なのかによってメリットにもなればデメリットにもなる可能性がでてきます。
きちんと特徴などを把握しておき、判断することも大切です。
住宅に関して、あまり妥協をするという方向にいくよりはしっかりと納得のいく住宅を手に入れることが重要だといえます。
自身が暮らす場であり、家族がいるならば家族と共に生活し思い出を作る場でもあるため、住宅においてベストな選択をすることが必要です。
共に暮らす家族がいるなら、相談して決めてみましょう。

ゼロエネルギー住宅とはどんな住まいか

ゼロエネルギー住宅という言葉を聞いたことがないと思う人は少なくありませんが、そもそもどんな住宅を指すのでしょうか。
ゼロエネルギー住宅は通称ZEH住宅(ゼッチ住宅)と呼ばれており、室内の環境が快適で余分なエネルギーをあまり使わず、さらに自分たちでエネルギーを作り出せる家の事です。
家で消費するエネルギーが、自宅で作るエネルギーとほぼ同じ、あるいは作るエネルギーの方が多い住宅の事を指します。

ZEH住宅の特徴

基本的には断熱性に優れていること、省エネの給湯器やエアコンといった住設機器を使用していること、更に太陽光発電などで自宅で電気を作り出せることが当てはまる条件です。
ただし、全ての熱エネルギーを一年中、自給自足で賄うわけではありません。
時間帯や天候、季節によっては太陽光発電で電気を作り出すことが難しい場合もあるため、季節によっては電力会社から電気を買い、年間のエネルギー使用量が自宅で1年間に作るエネルギーとほぼ同じであればZEH住宅とみなされます。
時々誤解をする人もいますが、「エネルギーを売り買いした金額が同額であればZEH住宅とみなされるわけではない」ので、注意が必要です。
あくまでもエネルギー量がほぼイーブンであることが条件とされているため、家を建てる時にZEH住宅を考えるなら、気を付けたほうがいいポイントといえます。

具体的にどんな家づくりをしたらいいのか

ある程度簡単には理解できたと思いますが、具体的にどんな家づくりをしたらいいのか、確認したい人は少なくありません。

断熱性に優れている家であること

まずは断熱性に優れている家であることが重要です。
断熱性に優れている家とは、高気密高断熱住宅が主な例といえます。
高気密高断熱住宅とは、換気装置を常時運転し、窓を開閉せずともいつでも室内を快適な気温と湿度に保つことができる高断熱住宅の事です。
夏でも冬でも快適な温度を室内で保つことが可能となるため、窓を開けたり閉めたりせずに家の中の気温や湿度を保つことが可能な方法です。
気密性と断熱性によって外気の影響を受けにくく、冷暖房を使う頻度が圧倒的に少なくなります。
その結果、熱エネルギーを使用する頻度が少なくなるため、結果として熱エネルギー消費量を減らし、自宅で作る量とほぼ同量にできることが少なくありません。
換気装置を24時間稼働させないと家の中の汚れた空気を外に出すことができない為、電源を切ることはできませんが太陽光発電システムを取り付けている家であれば電気代を気にする必要なく、利用が可能です。

省エネの機器を導入していることもZEH住宅の必須条件

また、ZEH住宅の場合、自宅で熱エネルギーを作ることが可能となっている為、断熱機能が高ければ高い程換気装置の費用をそれほど気にする必要なく、手軽に利用することができます。
高断熱住宅だけではなく、省エネの機器を導入していることもZEH住宅の必須条件です。
省エネの機器として知られているのは、エコジョーズやエコキュートといった省エネ率の高い給湯器を導入していることや、省エネ率を考えるうえで重要なエアコンの導入などを行う事だといいます。
省エネ率の高い家電は年々増加をしており、家電を全て省エネ率の高いものにすることで、エネルギー使用率を低くすることが可能です。
そのため、家を新築するときに積極的に導入することが望ましいとされています。
実際に導入するときに省エネ率を中心として選ぶことができるため、家電の選択をしやすくなるのもポイントです。
家を建てる時に家電のエネルギー使用量にこだわるためには、家電メーカーや家電量販店に相談して導入することが望ましいといえます。

太陽光発電を中心としたエネルギーを自ら作り出す家づくり

更に必要となるのは、太陽光発電を中心としたエネルギーを自ら作り出す家づくりです。
多くの場合、新築時に太陽光発電を導入して熱エネルギーを作り出しています。
屋根にソーラーパネルを設置して、効率よく利用できるようにすることで、天候の良い地域や季節によっては売電できるほどの電気を作り出すことが可能です。
売るエネルギーと買うエネルギーを含めて、トータルでゼロにすることが重要といわれています。
もちろんそれ以外の自然エネルギーを使用した発電方法は存在していますが、太陽光発電が最も日本の気候に合っており、効率よく熱エネルギーを創出できるため、導入する人が多いです。

ZEH住宅を建てたいならエスコシステムズさんに相談する

ZEH住宅を建てたいと考えているなら、エスコシステムズなど取り扱っている件数の多い企業に相談するとスムーズに話をすすめられます。
取り扱っている件数が多ければ多いことや、顧客満足度の高い所などを比較し、納得できる企業に相談し、見積もりや図面をもらって確認する事が良い家づくりにつながるでしょう。
大切なのは見積もりをもらう時に、複数企業からもらうことです。
複数企業からもらうことによって、信頼できる企業の見積もりや、企業の提案する内容をよくチェックすることができます。
また、クチコミのチェックを忘れないようにしてください。
口コミで納得できる家づくりをしている企業は、信頼できます。

まとめ

生涯住む家だからこそ妥協せず、安心して住めるようなZEH住宅を建てることが必要です。