「ビジネス」カテゴリーアーカイブ

裸一貫からセメント王になった浅野財閥

浅野総一郎は、明治から昭和初期にかけて大成功を収めた実業家です。
浅野総一郎は、1848年4月13日に生まれ、1930年11月9日に亡くなりました。
82歳で亡くなったので、当時としては相当長生きされた方です。
実業家として最初から上手くいっていたのではなく、最初は豪農の娘の婿養子となり、海産物の運搬事業を始めたのですが、事業に失敗をし借金を抱えることになりました。

事業に失敗した浅野総一郎

事業に失敗した浅野総一郎に対し、親戚一同は商売を止めるようにと言いましたが、総一郎は親族の意見を聞かずに離縁をし実家に戻ることになります。
その後、再び実業家を夢見て浅野総一郎は状況をし、最初は水売りやおでん屋を行いある程度の貯金を持つことが出来ました。
そのころ創業期でもあった横浜に向かい竹の皮屋となり、偶然に父親の友人の勧めもあり薪炭商となります。
薪炭は大成功し、巨万の富を得ることに成功しました。
横浜ガス局で安い値段で仕入れたコークスやコールタールは、深川セメント製造所では製造の燃料として使われていましたので、安く仕入れて高く売ることが出来たため、巨万の富を得ることが出来たのです。

払い下げの深川セメント製造所を買取る

大富豪となった浅野総一郎は、払い下げの深川セメント製造所を買取り、自らがセメントを製造するまでになりました。
ちょうどその頃、浅野総一郎の仕事ぶりを見込んだ渋沢栄一郎は、彼に助言をし、水力発電所や鉄道建設などに関しても事業を進めることになります。
またコレラが大流行し、コールタールはコレラの消毒剤の材料となるため、総一郎は内務省衛生局に大量に売却を行い、多くの儲けを出すことにも成功しています。
現在で言うリサイクルビジネスによって、巨大な富を得ることに成功したのです。
不要だと思われたものが、他の場所では必要な材料となることに目を付けることが出来たおかげで、財を得ることに成功したのでしょう。

浅野セメントという会社の土台ができる

まさに浅野総一郎は先見の目があり、ビジネスのセンスがあったというしかありません。
これによって浅野セメントという会社の土台が出来、後の日本セメント、太平洋セメントとなっていきました。
浅野財閥の力はこれで終わりではありません。
総一郎の目は海外にも向けられることになります。
当時イギリスやドイツ、アメリカの港湾開発は大変進んでおり、実際に目のあたりにし、横浜の港湾も近代化させようと計画を立てました。

[PR] 浅野総一郎逮捕

日本で初めての臨海工業地帯が完成

そして日本で初めての臨海工業地帯を東京から横浜の海岸部に浅野財閥の力で建設することになります。
外国航路への進出を目指して、大型船が着岸出来る湾岸機能を有する工業地帯を作る目的が出来ました。
この計画に力を貸したのが安田財閥で、京浜工業地帯が生まれます。
横浜から川崎沿岸の埋め立て工事は、15年の歳月を要しました。
太平洋セメントは日本のセメント事業の中心的な存在となります。
これによって日本は、欧米の技術を取り入れながら近代化が勧められていきました。

浅野総一郎の人物像

浅野財閥は、現在の日本にも大きな影響を与えており、数多くの企業や鉄道などが残っています。
大企業の社長ながら、自分の工場の視察に来るときは、皺だらけの洋服を着てお供も一人だけだったという逸話もあります。
当時、学歴もなく裸一貫で事業を行い大成功を収めることが出来たのは、情熱とやる気、働き者であったというシンプルな理由からでした。
たった一代で浅野財閥を築き上げ、様々な事業で大成功を収めた浅野総一郎は偉大な人物だといえるでしょう。
24歳まで故郷を出るまでは、何度も事業の失敗を繰り返して、巨額の借金を作りましたが、時代を見る目はありました。

浅野総一郎の名言

失敗してもあきらめない不屈の精神があります。
若いころから、額に汗を流して働き続けた姿は、多くの人を惹きつけることが出来たため、彼を応援したいという周りの支えもあったのでしょう。
人は一日3時間寝れば十分だという言葉をよく言っており、寝る時間も惜しんでよく働きました。
また商売人は約束を守ることが大切だと普段から言っており、時間や約束は必ず守った人物です。
時の人でもあった渋沢栄一との出会いや資金の面倒を見てくれた安田善次郎氏との出会いもあり、多くの資金と人々の支えを受けながら、人生の成功を手にすることが出来ました。
総一郎の言葉で、運は水の上を流れており、命がけで飛び込み掴む度胸とその運を育てる努力をしなければならないというものがあります。
まさに裸一貫で大成功を収めることが出来た彼にふさわしい言葉ではないでしょうか。
死ぬまで事業欲が強く、やり口は突進型でした。
八方に事業を拡げましたが、各方面に事業が成功したため、浅野財閥が築かれることになったのです。

まとめ

浅野総一郎は、セメント王や資源再生王、臨海工業地帯開発の父とも呼ばれています。
近代日本の発展に多くの力を注ぎ、現在も語り継がれていくことでしょう。
第二次世界大戦後は、浅野財閥は解体されることになりましたが、その流れを組む企業は現在も存続し続けています。