「ビジネス」カテゴリーアーカイブ

フリーランスエンジニアとはどんな働き方をするの?

「フリーランスエンジニアの働き方を知りたい」
「フリーランスエンジニアの案件を探している」
「在宅型と常駐型のそれぞれのメリットやデメリットを知りたい」

フリーランスエンジニアは、会社などに勤めることなく個人で仕事を請け負うエンジニアのことをいいます。
案件ごとに企業と契約を結ぶのが一般的です。
自宅で作業を行う在宅型と、契約先の企業に出向いて作業を行う常駐型の2種類の働き方がります。

エンジニアの仕事はリモートワークに向いている

元々、エンジニアの仕事はパソコンがあればどこでも行えることが多いので、リモートワークに向いています。
在宅で働いている人も多く、企業に縛られない自由な働き方として注目されることもあります。
常駐型の場合には、一定期間ごとに契約や更新を行うことが多いです。
在宅型と常駐型ではそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらがいいとはいえません。

在宅型は移動時間や交通費などを省ける

在宅型はわざわざオフィスなどに出向かなくていいので、移動にかかる時間や交通費などを省けるというメリットがあります。
一人で黙々と作業をするため、人とあまり交流したくないという人にも向いています。
また、小さいお子さんがいたり介護が必要な家族がいるといった場合でも働けることも多いです。

常駐型は企業からのニーズは高い

常駐型はオフィスに出向かなければなりませんが、企業からのニーズは高いです。
契約企業で働く人や他のエンジニアと接する機会も多いので、業界のトレンドを把握したり刺激を受けたりすることにもなります。
チームで作業を行うこともあるので、モチベーションが維持しやすいという人もいます。
直接顔を合わせるので、待遇などの条件面の交渉がしやすくなることもあります。

フリーランスエンジニアは今後もますます増えていく

フリーランスエンジニアは、今後もますます増えていくことが予想されます。
IT技術の進化に伴い、エンジニアの需要は年々増えていっています。
そのため人手不足になっており、フリーランスエンジニアとして高収入を得ている人もいます。
会社に勤めるのとは違い、自分が好きな案件だけを選ぶといったこともできます。
企業で働くよりも、高収入を得られることも多いです。

自分で案件を獲得しなければならない

ただし、フリーランスエンジニアの場合には、自分で案件を獲得しなければなりません。
ただ待っているだけで仕事が転がり込んでくるわけではないので、仕事を獲得するには自分のスキルを売り込む必要があります。
条件面の交渉などもすべて自分で行わなければなりません。
確定申告なども自分で行う必要があります。
それからフリーランスエンジニアは高収入が得られる可能性が高い一方で、病気や怪我などで働けなくなると収入がゼロになってしまうリスクもあります。

まとめ

福利厚生などもありませんし、社会的な信用という面では会社員に劣ってしまいます。

フリーランスエンジニア開発案件

太平エンジニアリングの事業内容を知る

企業の名前は知っていても、その企業がどのような事業を展開しているのかを良く知らないという人もいます。
太平エンジニアリングも知名度がありますが、具体的にはどんな事業をしている会社なのかを知らないという人もいるのではないでしょうか。
こちらはすでに70年以上続いている信頼ある企業で、公共施設や病院、商業施設などの建物の管理を行っています。
建設設備の施工や設計、メンテナンスまで幅広く対応しており、空調や排水、衛生・ガスなどの設備エンジニアリング会社として1949年に創立しました。
すでに多くの実績を持っていますが、東京国際フォーラムなどの大型施設や病院など大規模な案件も多く手掛けるなど多くの人に信頼されている企業です。

ご挨拶/後藤悟志(代表取締役社長) | 太平エンジニアリング

太平エンジニアリングが手掛けている事業のひとつ空調設備

工事の技術力が優れていることはもちろん、物件のメンテナンスや管理業務など幅広く対応しています。
建物内で快適に過ごすためには、空調を整えることは欠かすことができません。
太平エンジニアリングが手掛けている事業のひとつに空調設備があげられます。
空調はあらゆる場所や施設に必要なものですが、豊富な経験により培われた独自の技術で、それぞれのニーズに合わせた最適な空調を提供してくれます。
一度訪れた人がまた来たくなるような快適さを提供することはもちろん、人や機械が快適に働けるための空調設備も整えています。

太平エンジニアリングでは給排水や衛生設備事業も手掛ける

生活をするうえでは、水は欠かすことができない存在です。
水を快適に使うためには給排水を整えておくことが大事ですし、安全で清潔に使えることも大事です。
そこで、太平エンジニアリングでは給排水や衛生設備事業も手掛けています。
現在では、水道も当たり前のように使えていますが、水が安心して使えることはもちろん、環境にもしっかりと配慮していきたいところです。
その点、こちらの会社では自然環境にも常に気を配りながら水を安全にしかも効率的に使える環境を整えてくれます。
産業用から家庭用まで幅広く対応していますので、給排水や衛生面で不満のある人は相談してみてはいかがでしょうか。
天の恵みである水を最大限に活かすことを考え、設計や施工・メンテナンスまで一貫したサービス体制です。
環境汚染防止や省資源に積極的に取り組んでいるところも好感が持てます。
快適な環境を整えるためには、冷暖房も欠かすことができません。
冷暖房には電気が使われることも多くなっていますが、ガスも供給が安定しており、しかも熱効率も良く経済面でも優れたエネルギーとなっています。

ガスを活かしたガス関連設備にも強い企業

太平エンジニアリングは、このガスを活かしたガス関連設備にも強い企業です。
クリーンで快適なガス給湯暖冷房設備の設計、施工・メンテナンスまでトータルで提供していますので、ガス関連設備の導入や工事を検討している人も相談してみてはいかがでしょうか。
日本国内には、多くの建物があり、中にはかなり高層のものもあります。
こうした建物は安全性についてもしっかりと考えて建設されていますが、やはり経年劣化は進んでいきます。

メンテナンス・サービス事業も提供

建物を良い状態に保つためには、日頃のメンテナンスは欠かすことができません。
こちらの会社では、メンテナンス・サービス事業も提供しており、多くの建物のメンテナンスを行っています。
建物管理や設備管理業務、さらに清掃業務や警備業務、受付などの個別の管理業務はもちろん、統括管理者を配しての総合建物管理なども行っています。
すでに多くの契約実績があり、的確なメンテナンスで健全性を保持してくれます。
建物の劣化が進んできた場合は、リフォームやリノベーションでよみがえららせることも考えていきたいところです。
太平エンジニアリングは、リノベーション事業でも高い評価を得ています。
リノベーションを成功させるためには、優れた設計をすることが大事です。

BIMを駆使した設計シミュレーションを用意

こちらの会社では、BIMを駆使した設計シミュレーションを用意しており、その設計をVRで仮想体験することもできます。
独自の最新技術を用いて誰もが安心・安全に過ごせる居住空間を提供することはもちろん、機能的で快適なビジネス空間を作ることも得意としています。
建物の健康状態についても正確に把握し、未来の生活環境の変化にも対応したリフォームを提案してくれます。
オフィスやマンションなどのリフォームやリノベーションを提供している人も、相談してみることがおすすめです。
太平グループの強みについても知っておきたいところですが、まず常に顧客の立場に立ち、細かな問題にも的確に対応できることがあげられます。
工事の施工技術や提案力が優れていることはもちろん、アフターフォローまで万全ですので、安心して依頼することができます。

まとめ

現在では、テクノロジーが多様化し、高度化が進んでいますが、そうした変化についていけない企業もいます。
その点、太平グループは、技術力や対応力にも優れておりテクノロジーの変化に合わせて最適なサービスを提供してくれます。
独自に蓄積したビッグデータを活かし、技術の向上やまったく新しいノウハウの創造などすでに進化を続けています。