fletww のすべての投稿

アパートの買取で物件をスムーズに現金化しよう!

「アパート買取を考えている」
「保有しているアパートを売りに出したい」
「アパート買取相場が知りたい」

アパートやマンションなどの賃貸用不動産を所有している人は、日本にたくさんいます。
賃貸業は江戸時代までさかのぼるといわれています。
それくらい昔からある職業なのです。
ですが、日本ではあまり職業として意識せずに賃貸業を行ってきた大家さんが多かったのも事実です。
ですが現代の日本の少子化の時代を迎えて、その考え方では賃貸業が成り立たない状態になっているのも事実です。

参考:アパート買取相場

【検証】オール電化のメリットやデメリットをチェック

サラリーマン大家なるものも登場しつつある

昔は地主の税金対策などで、賃貸業は土地を持っている人の専売特許のようなものでした。
ところが最近ではサラリーマン大家なるものも登場しつつあります。
そのため、賃貸業が副業として一般的になってきました。
特にアパートやマンションを経営することにより、不労所得を得ることが出来るというのが魅力的です。
一度手にした物件は売却しない限り、半永久的に稼いでくれる可能性があるのも事実でしょう。
ですが、不動産投資には出口戦略がつきものです。
永遠に持ち続けてインカムゲインを得るのも楽しいものですが、時には不動産を売却しなければならない条業になる場合もあります。

購入するのは投資家の方がほとんど

そのような状況になった時には、市場で所有する物件を売りに出すことになります。
もしも立地の良い物件であれば、すぐに買い手がつくことでしょう。
購入するのは投資家の方がほとんどです。
ただしすぐに買い手がつくのは条件があります。
それはやはり「立地の良さ」です。
立地の良い物件であれば、すぐに買い手がつくものです。

不動産は流動性の低さが時にデメリットになる

不動産は流動性の低さが時にデメリットになるといわれます。
たしかに、立地の悪い物件であれば、市場で売れ残ってしまい現金化することに時間がかかってしまいます。
それを防ぐには不動産を仲介として売りに出すのではなく、買取という方法を選べばよいのです。
不動産には仲介と買取という2つの方法があるのをご存じでしょうか。
仲介は主に一般的に市場に物件情報を流して、買い手を見つける方法になります。

買取であれば専門の不動産業者が即座に買い取ってくれる

ほとんどの不動産はその方法で買い手を見つけます。
ところが仲介のデメリットは買い手がなかなか見つからないことがあるという事です。
その時のために買取という方法があります。
買取であれば、専門の不動産業者が即座に買い取ってくれるので、すぐに現金化したい場合には、仲介よりも買取という方法を選んだほうがメリットが有るといえるでしょう。

まとめ

特に古いアパートであれば、なかなか買い手が見つからない可能性が高まります。
そう考えるとよい手段ではないでしょうか。

光本氏も推奨!会社設立代行会社を上手に活用しよう

「会社設立を代行するメリットについて知りたい」
「自分で会社を設立するやり方が分からない」
「光本勇介さんが現在どうなっているのか知りたい」

会社設立を行うとなった場合には、必要な事務手続きは簡単にはいきません。
自分自身で全てをやろうとなると、かなりの手間と時間がかかることになるでしょう。
会社設立にあたって、いろいろなことを考えたいのにもかかわらず、事務作業に時間を費やす事はできる限り避けたいものです。
このような時におすすめのものとして、会社設立の代行会社が挙げられます。

※光本勇介の経歴/人物像、起業/売却した会社やサービスについてまとめました。
光本勇介 今

会社設立を代行してもらうメリット

会社設立は社名や取締役を人選すれば終わりと言うわけではありません。
どのような会社にするのかを表す定款を作った上で、法務局に提出するための書類も作らなければならず、1連の手続きはかなり複雑です。
もちろん自分自身で行うこともできますが、法律的な専門知識も必要であり、決して簡単とは言えません。
自分で会社設立の手続きを行えば、会社の法律に詳しくなるなどのメリットもあるものの、創業を控えているときに、このような時間の余裕があるケースはあまりありません。
多くの経営者が、手続きを専門家に代行してもらっているのが実情なのです。
手続きをしてから不備があった場合には、登記の完了が先延ばしになることも考えられ、銀行口座の開設なども遅れてしまうことが予想されます。
開業までに余裕があれば良いかもしれませんが、すぐにでも創業して事業をスタートさせたいのであれば、代行会社に依頼するのが1番です。

フリーランスエンジニアとはどんな働き方をするの?

書類の作成は専門的な知識が要求される

会社の設立を専門に扱う会社も多く見られます。
会社を設立するにあたり法務局に書類を提出する必要がありますが、この書類の作成は専門的な知識が要求されます。
自分自身で作成する事は決して簡単なこととは言えないのです。
準備に忙しい状態なのにもかかわらず、事務作業を行ったり、法務局に足を運ぶ時間をかけたくないと言う経営者も非常に多いはずです。
このような手間を一手に引き受けてくれるのが代行会社で、創業の際には強い味方になってくれるはずです。
会社を設立するにあたり必要な定款の作成業務に関しても、大きなアドバイスをくれます。
どうやって業務を進めていけば良いのか、どのような会社にしたいのかを伝えることで、適切な定款を作成してくれることでしょう。
設立の際の業務だけではなく、創業後の経営などにおいても、顧問税理士としてサポートしてくれるところも多いです。
事業運営において適切なアドバイスを受けながら、運営していくことができるので、長い付き合いをしていくことができるでしょう。

設立の代行サービスを選ぶ場合の注意点

このような設立の代行サービスを選ぶ場合には、いくつかの注意点があります。
多くの代行会社があるので、自分の会社にぴったりのサービスを選べるように、しっかりとポイントを把握しておきましょう。

代行業務の範囲をしっかりと確認する

その1つが代行業務の範囲をしっかりと確認することです。
代行会社や提供プランによって、どの程度の業務に対応してもらえるのか、その範囲は非常に待ち待ちです。
中には書類作成だけをサポートしてくれるところもあります。
また作成した書類を法務局まで提出する際の代行まで行ってくれるところもあるのです。
当然のことながら業務の範囲の広さにより料金も変わるので、予算に合わせて検討することが大切です。
あまりにもリーズナブルな料金である場合には、自分が思っているようなサポートを受けることができずに、作成した書類にも不備があり、場合によっては受理されないことも予想できるでしょう。
多少お金がかかるかもしれませんが、責任を持ち最後までしっかりと対応してくれる会社やプランを選択することが大切です。
特に会社の設立が初めてとなると、出来る限り書類の作成や法務局への提出まで、すべてを代行してくれるところを選ぶのが望ましいです。

顧問税理士としての契約の有無も考える

そして顧問税理士としての契約の有無も考える必要があります。
近年では会社設立の代行手数料が無料と言うところも増えてきています。
その条件として設立した後に顧問税理士としての契約を結ぶことが1つの条件です。
会社を経営していく上で、税理士には必ず必要です。
税理士契約を結ぶ先が決まっていないのであれば、一緒に依頼することを前提に考えると良いでしょう。
阪大に顧問税理士として契約を考えている税理士がいるのであれば、その税理士に設立の手続きについて相談してみるのが望ましいです。
中には0円で設立と言うキャッチコピーに惹かれて、一切お金がかからないと考える人も非常に多く見られます。
しかし定款の提出や、法務局等に支払う金額はゼロでは無いことをしっかりと覚えておきましょう。

【まとめ】電子定款への対応の有無

さらには電子定款への対応の有無についてです。
設立の際には定款は必ず必要なものですが、その提出方法は通常の書類としての定款と、もう一つが電子データとしての電子定款と呼ばれる2つの種類があります。
書類として提出するとなった場合には、4万円分の収入印紙を貼らなければなりません。
しかしこれが電子定款となると、収入印紙の貼付は要らないのです。
電子定款は設立にあたり費用を大幅に抑えることができるので、選定の際に電子定款に対応しているのかどうかもしっかりと確認することが大切です。

【エスコシステムズ解説】住宅用蓄電池を選ぶ際のポイント

「自宅に蓄電池を導入したい」
「住宅用蓄電池のタイプを知りたい」
「株式会社エスコシステムズの評判が気になる」

近年、蓄電池を導入する家庭が増えていますが、住宅用のモデルには幅広いラインナップがあります。
そのため、使用目的や家族構成、ライフスタイルなどに合ったものを選ぶ必要があります。

参考:エスコシステムズはどんなサービスを提供している会社?評判や採用情報を紹介

【検証】オール電化のメリットやデメリットをチェック

住宅用蓄電池のタイプ

住宅用の蓄電池を選ぶ際は、まず目的に合ったタイプを選ぶことが大切です。
住宅用蓄電池は、大きく独立型・連携型・EV対応型の3つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

独立型

独立型は、電力会社から供給される電力を蓄電するタイプです。
電気料金が安い深夜に電気を蓄えておき、日中に使用することで電気代の節約につなげることが可能で、災害時の非常用電源としても活躍します。
独立型には、ブレーカーに接続して建物全体に電力を供給できるタイプと、電化製品のコンセントを本体に直接差し込むタイプがあるので、用途に合った方を選ぶと良いでしょう。

連携型

連携型は、太陽光発電システムで発電した電力を蓄電するタイプです。
蓄えた電力は分電盤や電気配線を経由して建物全体に供給されます。
連携型は、電力会社からの電力供給がストップしても、太陽光発電システムが稼働していれば電力を使用することが可能です。
そのため、長期にわたる停電にも対応しやすいというメリットがあります。
なお、連携型にはパワーコンディショナーが2台必要な単機能型と、1台のみで済むハイブリッド型があります。
ハイブリッド型は、太陽光で発電した直流電力を家庭用の交流電力に変換する際のロスが少ないので、太陽光で発電した電力を効率的に使うことが可能です。
価格は単機能型よりも高くなりますが、設置スペースも抑えられるので、太陽光発電システムと同時に導入する際はハイブリッド型を選択するのがおすすめです。

EV対応型

EV対応型は、電気自動車から充電と放電が可能なタイプで、電力会社や太陽光発電システムからの電力を蓄えられるモデルもあります。
EV対応型は、独立型や連携型よりも容量が大きいモデルが多く、家族構成やライフスタイルによっては、日中に十分な電力を蓄電できれば電力の自給自足も十分に可能です。

蓄電容量の選び方

また、蓄電池を選ぶ上で最も重要と言っても過言ではないのが蓄電容量です。
蓄電容量は、蓄えられる電力量のことで、容量が大きいモデルほど余裕を持った運用ができますが、容量が大きくなるほど価格も高くなります。
蓄電容量の選び方にはいくつかの方法がありますが、太陽光発電システムと一緒に運用するのであれば、太陽光発電システムの発電容量に合わせるのが基本です。
一般的な家庭の場合、太陽光で発電した電力の30%を自家消費するとされているため、残りの70%を蓄えられるものを選ぶのが基本となります。
また、1日あたりの消費電力量や停電時に使用する家電製品をベースに選ぶという方法もありますが、自分たちに合った蓄電容量が分からないという場合は、設置を依頼する業者に相談してみると良いでしょう。

定格出力

蓄電容量とともに重要となるのが定格出力です。
定格出力は、蓄電された電力を一度にどれくらい出力できるのかを示した値で、定格出力によって一度に使用できる電化製品や住宅設備が決まります。
蓄電容量が大きくても十分な定格出力がないと、複数の機器や設備を同時に使うことができないので、日常的に使用したい電化製品や住宅設備に応じた定格出力を有するモデルを選ぶことが大切です。

全負荷型か特定負荷型なのかもチェック

また、全負荷型か特定負荷型なのかもチェックしておく必要があります。

全負荷型

全負荷型は停電時に建物全体に電力を供給できるタイプ、特定負荷型は停電時にあらかじめ選択した場所のみに電力を供給するタイプです。
全負荷型は200Vに対応しているモデルが多いため、停電してもエアコンやIHクッキングヒーター、エコキュートなどを使うことが可能です。
停電が発生しても普段と同じような生活が送れますが、価格は高めです。

特定負荷型

一方の特定負荷型は導入費用は抑えられるとともに、サイズがコンパクトなので設置場所に困らないというメリットがありますが、停電が発生した場合に限られた場所でしか電気を使うことができません。
全負荷型と特定負荷型はそれぞれ一長一短がありますが、停電時の生活が左右される要素なので、ライフスタイルや使用する電化製品・住宅設備に応じて適切な方を選択しましょう。

寿命を測る指標であるサイクル数

さらに、蓄電池は半永久的に使えるものではなく、使用年数とともに徐々に劣化していきますが、その寿命を測る指標となるのがサイクル数です。
蓄電量がゼロの状態から100%まで充電し、再びゼロになるまで使い切るまでが1サイクルで、設定されたサイクル数を超えると蓄電できる電力量が減少するなどの劣化症状が見られるようになります。
サイクル数は、モデルやメーカーごとに異なるので、選定する際のひとつの基準としてチェックしておきましょう。

まとめ

また、蓄電池を選ぶ際は保証内容にも注目しましょう。
多くの場合、10年から15年ほどの保証が付いていますが、保障内容はメーカーによって異なります。
保証内容はランニングコストを左右する重要な要素なので、万が一の故障に備えて保証内容は必ずチェックしておきましょう。

【検証】オール電化のメリットやデメリットをチェック

「オール電化かガスか悩んでいる」
「オール電化のメリットとデメリットを比較したい」
「新築を建てる際、オール電化かガス併用か悩んでいる」

快適な生活をするために、住宅なども重要なポイントです。
生活の基盤となるという点からも、しっかりと住宅を選ぶということは大切だといえます。
近年では、オール電化の住宅などもあるため、検討してみるというのもいいでしょう。

アパートの買取で物件をスムーズに現金化しよう!

【エスコシステムズ解説】住宅用蓄電池を選ぶ際のポイント

オール電化のメリット

電気料金プランによってはコストを抑えることができる

オール電化のメリットとして挙げられるのは、お湯や暖房といったものに対してコストが比較的抑えられるという点や熱源となるものを住宅内に持つことがないため安全であるという点です。
生活上、お湯などはよく使います。
飲む目的や料理をする際、それ以外にもお風呂のお湯を沸かすなどさまざまな場面で使用するものです。
ガスを使ってお湯を沸かすことは、一昔前なら主流でしたが近年では電気で沸かすということも可能であるという点からも電気代がかかりますが、電気料金プランによっては、比較的コストを抑えることができるというのがメリットといえるでしょう。
夜間の電気料金が安いプランならば、夜にお湯を電気を利用して沸かすことでコスト的にはガスよりも安くなる傾向があります。
必要なお湯を夜の間に沸かしておき、昼間そのお湯を利用することで生活上、問題なくお湯を利用できるためこの点は、コスト的な面でメリットがあるといえるでしょう。

蓄熱タイプの暖房機を利用することでコストを抑える

暖房に関しても、蓄熱タイプの暖房機などを利用することで、これも夜の電気の単価が安くなる時間帯を利用して蓄熱をしておくことで暖房費なども抑えることができます。
そのため、冬場の寒い時期などに暖房を利用したいという場合には、オール電化の住宅で蓄熱タイプの暖房機を利用することでコストを抑えるといいでしょう。
電気を利用するという点では、エアコンでの暖房も便利ではありますが、コスト的に観た時には蓄熱タイプの暖房機を利用し、蓄熱の時間帯なども考えてコストができるだけ安くなるように工夫をすることでエアコンと比較してみてもメリットがあるといえるでしょう。

火災に対してガスよりも安全性が高い

ガスを利用する場合には、ガス漏れのリスクや不完全燃焼などを起こしてしまった場合の一酸化中毒などのリスクが考えられます。
そのため、安全性などに関して重視したいと考えた場合には、オール電化のほうがガスコンロなどを使用することがないため、火災に対してガスよりも安全性が高い傾向がある点はメリットといえるでしょう。
また、よく自分で料理をする人などの場合には、夏場など気温が高い時期など調理をすることでガスで火を使うとなると熱量によってキッチンまわりが熱くなる傾向があります。
ですが、調理する熱源をIHクッキングヒーターなどを利用することで、そのようなキッチンまわりが熱くなるという状況を緩和、回避することができる点もメリットといえるでしょう。

電気温水器などのタンク内に水があれば生活用の水として使用できる

日本では、自然災害なども多く、特に地震などでの被害は状況によっては広範囲に及びます。
震災の状況にもよりますが、ガスや電気、水道などがやられてしまうと、生活に必要なものが使用できない、飲み水の確保などが困難な状況などにもなりかねません。
このような非常時に対して、オール電化の住宅なら電気温水器などのタンク内に水があれば生活用の水として使用することができるため、災害時においてもメリットがあります。
そして、ガスや水道などは災害時において、復旧が遅れることもありますが、電気に関しては復旧が比較的早い傾向があります。

【参考】後悔したくない!新築はオール電化とガス併用、どっちがいい?

オール電化のデメリット

設置するためのコストが高い

デメリットなども、押さえておきましょう。
オール電化にした場合に、利用できる蓄熱タイプの暖房機など設置するためのコストが高い傾向があります。
利用している際のコスト的には安いとはいえ、初期の設置の段階でその設置コストが高いというのはデメリットです。
また、停電時などは電気を利用して使用する家電のたぐいは使えなくなってしまうため、住宅全体的に電気に依存している場合には、停電から復旧するまでの間生活をするうえで家電が使用できず不便だといえるでしょう。

昼間などの電気料金が高め

その他にも、夜間に電気料金が安いというプランは、昼間などの電気料金が高めです。
そのため、日中に電気を使用することが多い場合には、割高な料金で家電などを使用することになりかねません。
その点から、生活上夜に電気を使用するように心がけることも必要になってきます。
使用コストを抑えたいけれど、生活上日中に電気を多く使用する生活をしてしまっては、かえってデメリットとなってしまう可能性もあるため注意が必要です。

まとめ

このように、メリットやデメリットが存在しますがどのような生活状況なのかによってメリットにもなればデメリットにもなる可能性がでてきます。
きちんと特徴などを把握しておき、判断することも大切です。
住宅に関して、あまり妥協をするという方向にいくよりはしっかりと納得のいく住宅を手に入れることが重要だといえます。
自身が暮らす場であり、家族がいるならば家族と共に生活し思い出を作る場でもあるため、住宅においてベストな選択をすることが必要です。
共に暮らす家族がいるなら、相談して決めてみましょう。

フリーランスエンジニアとはどんな働き方をするの?

「フリーランスエンジニアの働き方を知りたい」
「フリーランスエンジニアの案件を探している」
「在宅型と常駐型のそれぞれのメリットやデメリットを知りたい」

フリーランスエンジニアは、会社などに勤めることなく個人で仕事を請け負うエンジニアのことをいいます。
案件ごとに企業と契約を結ぶのが一般的です。
自宅で作業を行う在宅型と、契約先の企業に出向いて作業を行う常駐型の2種類の働き方がります。

光本氏も推奨!会社設立代行会社を上手に活用しよう

エンジニアの仕事はリモートワークに向いている

元々、エンジニアの仕事はパソコンがあればどこでも行えることが多いので、リモートワークに向いています。
在宅で働いている人も多く、企業に縛られない自由な働き方として注目されることもあります。
常駐型の場合には、一定期間ごとに契約や更新を行うことが多いです。
在宅型と常駐型ではそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらがいいとはいえません。

在宅型は移動時間や交通費などを省ける

在宅型はわざわざオフィスなどに出向かなくていいので、移動にかかる時間や交通費などを省けるというメリットがあります。
一人で黙々と作業をするため、人とあまり交流したくないという人にも向いています。
また、小さいお子さんがいたり介護が必要な家族がいるといった場合でも働けることも多いです。

常駐型は企業からのニーズは高い

常駐型はオフィスに出向かなければなりませんが、企業からのニーズは高いです。
契約企業で働く人や他のエンジニアと接する機会も多いので、業界のトレンドを把握したり刺激を受けたりすることにもなります。
チームで作業を行うこともあるので、モチベーションが維持しやすいという人もいます。
直接顔を合わせるので、待遇などの条件面の交渉がしやすくなることもあります。

フリーランスエンジニアは今後もますます増えていく

フリーランスエンジニアは、今後もますます増えていくことが予想されます。
IT技術の進化に伴い、エンジニアの需要は年々増えていっています。
そのため人手不足になっており、フリーランスエンジニアとして高収入を得ている人もいます。
会社に勤めるのとは違い、自分が好きな案件だけを選ぶといったこともできます。
企業で働くよりも、高収入を得られることも多いです。

自分で案件を獲得しなければならない

ただし、フリーランスエンジニアの場合には、自分で案件を獲得しなければなりません。
ただ待っているだけで仕事が転がり込んでくるわけではないので、仕事を獲得するには自分のスキルを売り込む必要があります。
条件面の交渉などもすべて自分で行わなければなりません。
確定申告なども自分で行う必要があります。
それからフリーランスエンジニアは高収入が得られる可能性が高い一方で、病気や怪我などで働けなくなると収入がゼロになってしまうリスクもあります。

まとめ

福利厚生などもありませんし、社会的な信用という面では会社員に劣ってしまいます。

フリーランスエンジニア開発案件