fletww のすべての投稿

【エスコシステムズ解説】住宅用蓄電池を選ぶ際のポイント

「自宅に蓄電池を導入したい」
「住宅用蓄電池のタイプを知りたい」
「株式会社エスコシステムズの評判が気になる」

近年、蓄電池を導入する家庭が増えていますが、住宅用のモデルには幅広いラインナップがあります。
そのため、使用目的や家族構成、ライフスタイルなどに合ったものを選ぶ必要があります。

参考:エスコシステムズはどんなサービスを提供している会社?評判や採用情報を紹介

【検証】オール電化のメリットやデメリットをチェック

住宅用蓄電池のタイプ

住宅用の蓄電池を選ぶ際は、まず目的に合ったタイプを選ぶことが大切です。
住宅用蓄電池は、大きく独立型・連携型・EV対応型の3つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

独立型

独立型は、電力会社から供給される電力を蓄電するタイプです。
電気料金が安い深夜に電気を蓄えておき、日中に使用することで電気代の節約につなげることが可能で、災害時の非常用電源としても活躍します。
独立型には、ブレーカーに接続して建物全体に電力を供給できるタイプと、電化製品のコンセントを本体に直接差し込むタイプがあるので、用途に合った方を選ぶと良いでしょう。

連携型

連携型は、太陽光発電システムで発電した電力を蓄電するタイプです。
蓄えた電力は分電盤や電気配線を経由して建物全体に供給されます。
連携型は、電力会社からの電力供給がストップしても、太陽光発電システムが稼働していれば電力を使用することが可能です。
そのため、長期にわたる停電にも対応しやすいというメリットがあります。
なお、連携型にはパワーコンディショナーが2台必要な単機能型と、1台のみで済むハイブリッド型があります。
ハイブリッド型は、太陽光で発電した直流電力を家庭用の交流電力に変換する際のロスが少ないので、太陽光で発電した電力を効率的に使うことが可能です。
価格は単機能型よりも高くなりますが、設置スペースも抑えられるので、太陽光発電システムと同時に導入する際はハイブリッド型を選択するのがおすすめです。

EV対応型

EV対応型は、電気自動車から充電と放電が可能なタイプで、電力会社や太陽光発電システムからの電力を蓄えられるモデルもあります。
EV対応型は、独立型や連携型よりも容量が大きいモデルが多く、家族構成やライフスタイルによっては、日中に十分な電力を蓄電できれば電力の自給自足も十分に可能です。

蓄電容量の選び方

また、蓄電池を選ぶ上で最も重要と言っても過言ではないのが蓄電容量です。
蓄電容量は、蓄えられる電力量のことで、容量が大きいモデルほど余裕を持った運用ができますが、容量が大きくなるほど価格も高くなります。
蓄電容量の選び方にはいくつかの方法がありますが、太陽光発電システムと一緒に運用するのであれば、太陽光発電システムの発電容量に合わせるのが基本です。
一般的な家庭の場合、太陽光で発電した電力の30%を自家消費するとされているため、残りの70%を蓄えられるものを選ぶのが基本となります。
また、1日あたりの消費電力量や停電時に使用する家電製品をベースに選ぶという方法もありますが、自分たちに合った蓄電容量が分からないという場合は、設置を依頼する業者に相談してみると良いでしょう。

定格出力

蓄電容量とともに重要となるのが定格出力です。
定格出力は、蓄電された電力を一度にどれくらい出力できるのかを示した値で、定格出力によって一度に使用できる電化製品や住宅設備が決まります。
蓄電容量が大きくても十分な定格出力がないと、複数の機器や設備を同時に使うことができないので、日常的に使用したい電化製品や住宅設備に応じた定格出力を有するモデルを選ぶことが大切です。

全負荷型か特定負荷型なのかもチェック

また、全負荷型か特定負荷型なのかもチェックしておく必要があります。

全負荷型

全負荷型は停電時に建物全体に電力を供給できるタイプ、特定負荷型は停電時にあらかじめ選択した場所のみに電力を供給するタイプです。
全負荷型は200Vに対応しているモデルが多いため、停電してもエアコンやIHクッキングヒーター、エコキュートなどを使うことが可能です。
停電が発生しても普段と同じような生活が送れますが、価格は高めです。

特定負荷型

一方の特定負荷型は導入費用は抑えられるとともに、サイズがコンパクトなので設置場所に困らないというメリットがありますが、停電が発生した場合に限られた場所でしか電気を使うことができません。
全負荷型と特定負荷型はそれぞれ一長一短がありますが、停電時の生活が左右される要素なので、ライフスタイルや使用する電化製品・住宅設備に応じて適切な方を選択しましょう。

寿命を測る指標であるサイクル数

さらに、蓄電池は半永久的に使えるものではなく、使用年数とともに徐々に劣化していきますが、その寿命を測る指標となるのがサイクル数です。
蓄電量がゼロの状態から100%まで充電し、再びゼロになるまで使い切るまでが1サイクルで、設定されたサイクル数を超えると蓄電できる電力量が減少するなどの劣化症状が見られるようになります。
サイクル数は、モデルやメーカーごとに異なるので、選定する際のひとつの基準としてチェックしておきましょう。

まとめ

また、蓄電池を選ぶ際は保証内容にも注目しましょう。
多くの場合、10年から15年ほどの保証が付いていますが、保障内容はメーカーによって異なります。
保証内容はランニングコストを左右する重要な要素なので、万が一の故障に備えて保証内容は必ずチェックしておきましょう。

【検証】オール電化のメリットやデメリットをチェック

「オール電化かガスか悩んでいる」
「オール電化のメリットとデメリットを比較したい」
「新築を建てる際、オール電化かガス併用か悩んでいる」

快適な生活をするために、住宅なども重要なポイントです。
生活の基盤となるという点からも、しっかりと住宅を選ぶということは大切だといえます。
近年では、オール電化の住宅などもあるため、検討してみるというのもいいでしょう。

【エスコシステムズ解説】住宅用蓄電池を選ぶ際のポイント

オール電化のメリット

電気料金プランによってはコストを抑えることができる

オール電化のメリットとして挙げられるのは、お湯や暖房といったものに対してコストが比較的抑えられるという点や熱源となるものを住宅内に持つことがないため安全であるという点です。
生活上、お湯などはよく使います。
飲む目的や料理をする際、それ以外にもお風呂のお湯を沸かすなどさまざまな場面で使用するものです。
ガスを使ってお湯を沸かすことは、一昔前なら主流でしたが近年では電気で沸かすということも可能であるという点からも電気代がかかりますが、電気料金プランによっては、比較的コストを抑えることができるというのがメリットといえるでしょう。
夜間の電気料金が安いプランならば、夜にお湯を電気を利用して沸かすことでコスト的にはガスよりも安くなる傾向があります。
必要なお湯を夜の間に沸かしておき、昼間そのお湯を利用することで生活上、問題なくお湯を利用できるためこの点は、コスト的な面でメリットがあるといえるでしょう。

蓄熱タイプの暖房機を利用することでコストを抑える

暖房に関しても、蓄熱タイプの暖房機などを利用することで、これも夜の電気の単価が安くなる時間帯を利用して蓄熱をしておくことで暖房費なども抑えることができます。
そのため、冬場の寒い時期などに暖房を利用したいという場合には、オール電化の住宅で蓄熱タイプの暖房機を利用することでコストを抑えるといいでしょう。
電気を利用するという点では、エアコンでの暖房も便利ではありますが、コスト的に観た時には蓄熱タイプの暖房機を利用し、蓄熱の時間帯なども考えてコストができるだけ安くなるように工夫をすることでエアコンと比較してみてもメリットがあるといえるでしょう。

火災に対してガスよりも安全性が高い

ガスを利用する場合には、ガス漏れのリスクや不完全燃焼などを起こしてしまった場合の一酸化中毒などのリスクが考えられます。
そのため、安全性などに関して重視したいと考えた場合には、オール電化のほうがガスコンロなどを使用することがないため、火災に対してガスよりも安全性が高い傾向がある点はメリットといえるでしょう。
また、よく自分で料理をする人などの場合には、夏場など気温が高い時期など調理をすることでガスで火を使うとなると熱量によってキッチンまわりが熱くなる傾向があります。
ですが、調理する熱源をIHクッキングヒーターなどを利用することで、そのようなキッチンまわりが熱くなるという状況を緩和、回避することができる点もメリットといえるでしょう。

電気温水器などのタンク内に水があれば生活用の水として使用できる

日本では、自然災害なども多く、特に地震などでの被害は状況によっては広範囲に及びます。
震災の状況にもよりますが、ガスや電気、水道などがやられてしまうと、生活に必要なものが使用できない、飲み水の確保などが困難な状況などにもなりかねません。
このような非常時に対して、オール電化の住宅なら電気温水器などのタンク内に水があれば生活用の水として使用することができるため、災害時においてもメリットがあります。
そして、ガスや水道などは災害時において、復旧が遅れることもありますが、電気に関しては復旧が比較的早い傾向があります。

【参考】後悔したくない!新築はオール電化とガス併用、どっちがいい?

オール電化のデメリット

設置するためのコストが高い

デメリットなども、押さえておきましょう。
オール電化にした場合に、利用できる蓄熱タイプの暖房機など設置するためのコストが高い傾向があります。
利用している際のコスト的には安いとはいえ、初期の設置の段階でその設置コストが高いというのはデメリットです。
また、停電時などは電気を利用して使用する家電のたぐいは使えなくなってしまうため、住宅全体的に電気に依存している場合には、停電から復旧するまでの間生活をするうえで家電が使用できず不便だといえるでしょう。

昼間などの電気料金が高め

その他にも、夜間に電気料金が安いというプランは、昼間などの電気料金が高めです。
そのため、日中に電気を使用することが多い場合には、割高な料金で家電などを使用することになりかねません。
その点から、生活上夜に電気を使用するように心がけることも必要になってきます。
使用コストを抑えたいけれど、生活上日中に電気を多く使用する生活をしてしまっては、かえってデメリットとなってしまう可能性もあるため注意が必要です。

まとめ

このように、メリットやデメリットが存在しますがどのような生活状況なのかによってメリットにもなればデメリットにもなる可能性がでてきます。
きちんと特徴などを把握しておき、判断することも大切です。
住宅に関して、あまり妥協をするという方向にいくよりはしっかりと納得のいく住宅を手に入れることが重要だといえます。
自身が暮らす場であり、家族がいるならば家族と共に生活し思い出を作る場でもあるため、住宅においてベストな選択をすることが必要です。
共に暮らす家族がいるなら、相談して決めてみましょう。

フリーランスエンジニアとはどんな働き方をするの?

「フリーランスエンジニアの働き方を知りたい」
「フリーランスエンジニアの案件を探している」
「在宅型と常駐型のそれぞれのメリットやデメリットを知りたい」

フリーランスエンジニアは、会社などに勤めることなく個人で仕事を請け負うエンジニアのことをいいます。
案件ごとに企業と契約を結ぶのが一般的です。
自宅で作業を行う在宅型と、契約先の企業に出向いて作業を行う常駐型の2種類の働き方がります。

エンジニアの仕事はリモートワークに向いている

元々、エンジニアの仕事はパソコンがあればどこでも行えることが多いので、リモートワークに向いています。
在宅で働いている人も多く、企業に縛られない自由な働き方として注目されることもあります。
常駐型の場合には、一定期間ごとに契約や更新を行うことが多いです。
在宅型と常駐型ではそれぞれメリットとデメリットがあるので、どちらがいいとはいえません。

在宅型は移動時間や交通費などを省ける

在宅型はわざわざオフィスなどに出向かなくていいので、移動にかかる時間や交通費などを省けるというメリットがあります。
一人で黙々と作業をするため、人とあまり交流したくないという人にも向いています。
また、小さいお子さんがいたり介護が必要な家族がいるといった場合でも働けることも多いです。

常駐型は企業からのニーズは高い

常駐型はオフィスに出向かなければなりませんが、企業からのニーズは高いです。
契約企業で働く人や他のエンジニアと接する機会も多いので、業界のトレンドを把握したり刺激を受けたりすることにもなります。
チームで作業を行うこともあるので、モチベーションが維持しやすいという人もいます。
直接顔を合わせるので、待遇などの条件面の交渉がしやすくなることもあります。

フリーランスエンジニアは今後もますます増えていく

フリーランスエンジニアは、今後もますます増えていくことが予想されます。
IT技術の進化に伴い、エンジニアの需要は年々増えていっています。
そのため人手不足になっており、フリーランスエンジニアとして高収入を得ている人もいます。
会社に勤めるのとは違い、自分が好きな案件だけを選ぶといったこともできます。
企業で働くよりも、高収入を得られることも多いです。

自分で案件を獲得しなければならない

ただし、フリーランスエンジニアの場合には、自分で案件を獲得しなければなりません。
ただ待っているだけで仕事が転がり込んでくるわけではないので、仕事を獲得するには自分のスキルを売り込む必要があります。
条件面の交渉などもすべて自分で行わなければなりません。
確定申告なども自分で行う必要があります。
それからフリーランスエンジニアは高収入が得られる可能性が高い一方で、病気や怪我などで働けなくなると収入がゼロになってしまうリスクもあります。

まとめ

福利厚生などもありませんし、社会的な信用という面では会社員に劣ってしまいます。

フリーランスエンジニア開発案件

終身保険ってよく聞くけど実はなに?ウェルスデザインはどう?

「メットライフ生命のウェルスデザインの特徴を知りたい」
「終身保険について詳しく知りたい」
「解約払戻金って何?」

保険のコマーシャルなどでよく耳にするウェルスデザインなどの終身保険という言葉、生命保険はコマーシャル以外に映画やドラマでもよく耳にするためその名称からも把握している方も多いはずです。
生命保険は人間の生死や病気等に関連し保険金が支払わられるシステムですが、案外把握できていないかもしれない終身保険についてクローズアップします。

終身保険と定期保険に分類される生命保険

先に述べた生命保険ですが、実はこの生命保険には保証期間で分類することができます。
分類の内訳ですがそれが終身保険と定期保険になります。
ちなみに別途として、支払う保険料いわゆる掛金の種類でも生命保険は分類することができます。
それが掛け捨て型と貯蓄型が該当します。
終身保険はこのなかでも保証期間の分類に属し、保険料を支払い続けている間いわば掛金を継続して払い続けている限り一生涯保証が続くことを意味しています。

【参考】終身保険とはどのような保険か。終身保険の3つの特徴

途中解約で受け取れる解約払戻金について

また次のような使い方にも使用されたりもします。
例えばこの終身保険を途中で解約したい場合に解約払戻金というのが行われますが、このとき途中解約で受け取れる解約払戻金が自身が払い込み続けた掛金よりも上回るケースがあります。
そのため生死や病気に対しての生命保険をかけながら、万が一金銭が必要となった場合にあえて解約することで払戻金を受け取るというスタイルも可能となります。
ただ誰もがこの解約払戻金が掛金を上回るかといえばそうでもなく、注意が必要なケースもあります。
それが解約時期が早すぎるという点です。
この場合だと返戻金が掛金を下回る可能性もあるため、利益を損なうことも十分に考慮し注意が必要です。

貯蓄型の場合のみがこの解約返戻金の対象となっている

解約払戻金はどんな時でも貰えるものではないのも把握しておくべき点です。
保証期間以外で挙げた掛金の種類で掛け捨て型と貯蓄型に触れましたが、その中の貯蓄型の場合のみがこの解約返戻金の対象となっています。
しかし該当しない掛け捨て型にも良い点はあり、貯蓄機能がないため掛金が低く、期間に縛られず保険の見直しをしたい方にぴったりです。
どのようなタイミングで入れば良いのか迷っている方にとって参考になるのは、この保険の特徴として加入する時期が早ければ、または若いほど一生涯の支払う保険料が安くなるということです。

まとめ

そのため早い段階からたとえ20代であってもがんや医療の保険に加入するケースが目立ちます。
保障してもらえる期間がすでに決まっている定期の保険とこの終身の保険、どちらにすればよいか選択に迷っている方は自己の都合や家庭の都合にあわせ検討するのが最適です。

ウェルスデザイン告知

世界中で支援を訴えるユニセフ親善大使

世界的に見れば、日本は豊かな国です。
多くの子どもたちは戦争とは無縁な安全な暮らしをしていて、食べるものに困ることもほぼありません。
雨や風をしのげる暖かい家があり、病気になったらすぐに医師の治療を受けられますし、学校で教育も受けることができます。
しかし日本では当たり前なこの状況も、世界では当たり前ではありません。
戦争や災害により家が破壊され難民キャンプや路上で過ごす子どもたちはいて、学校に行くことができず小さなうちから働いている子どもたちもたくさんいます。

アフリカ大陸の南部は貧困率が非常に高い

また十分な食事を摂れず栄養失調で命を失う赤ちゃんもたくさんいて、日本なら簡単に治せる病気も医療体制が脆弱なため治せません。
豊かな国である日本にいると忘れてしまいがちですが、世界には今この瞬間にも尊い命が失われ多くの子どもたちが苦しんでいるわけです。
特にアフリカ大陸の南部は貧困率が非常に高く、世界中から支援を待つ子どもたちがいます。
そうした子どもたちを長く支援し続けてきたのが、ユニセフです。
ユニセフは世界各国の支部から募金を集めて、それを元に貧困地域でさまざまな活動をしています。
具体的にはワクチンや治療薬の提供、子どもたちへの教育に水の衛生を確保などなど、戦争や災害で苦しんでいる子どもたちを一人でも減らすためには必要な活動です。

現在行っているユニセフの活動だけでは足りない

ですが現在行っているユニセフの活動だけでは、まだまだ十分とはいえません。
経費を削減するなどして支援に使えるお金を増やしてい入るものの、世界中の紛争は治まる気配を見せずむしろ拡大しているとも言える状況です。
もっと多くの子どもたちを救って貧困から抜け出す手助けをするためには、より多くの支援が必要とされています。
ですが先程も述べたとおり、平和な国にいると世界中に貧困で苦しむ子どもがいるとは想像しにくいものです。
テレビのニュースやドキュメンタリーで取り上げられ一時的には見かけるものの、すぐに忘れて平和な日常生活に戻ってしまう人も多いでしょう。
もっと多くの支援を集めて助けられる子どもの数を増やすために、大きな貢献をしているのがユニセフ親善大使です。

ユニセフ親善大使の役割

ユニセフでは、貧困で苦しむ子どもたちの現状を伝えるために世界中の著名人と協力しています。
有名な俳優や音楽家、スポーツ選手など世界中で名前を知られている著名人をユニセフ親善大使に任命し、支援の必要性を訴える活動をしているわけです。
たとえば日本でも人気のあるイングランドの有名サッカー選手、ハリウッドのイケメン俳優の他に日本人のユニセフ親善大使もいて、それぞれがそれぞれの立場から情報を発信しています。
情報を発信するだけではなく、貧困で苦しむ地域を訪れ子どもたちと交流をするなどもしています。
ユニセフ親善大使の役割は非常に大きく、著名人が情報を発信することで世界の貧困問題について考える人も増えるでしょう。
テレビやSNSなどさまざまなメディアで情報を発信しながら、現地での活動を取り上げたニュースを見ることにより、著名人をきっかけに一人でも貧困問題に関心を持つ人が増えれば、支援の手も広げていくことができます。

集めた募金はすべて支援に回すべきだと指摘する意見について

支援の手が広がり多くの資金を集めることができれば、それを元手にできる活動も増えまた一人助けられる子どもが増やすことも可能です。
一部には、集めた募金はすべて支援に回すべきだと指摘する意見もあります。
確かに支援に回す直接的なお金を増やすことは重要ですが、そればかりでは長続きしません。
世界中でユニセフの活動を待っている子どもたちは多くいて、残念ながらこれからも増え続けるでしょう。
そうした子どもたちを救うためには、一時的な支援ではなく継続することが大切です。
これから5年10年と長く継続していくためには、ユニセフの活動を多くの人に知ってもらったり、現地のリアルな状況を世界中に伝えていく必要もあります。

まずは募金をするのが第一歩

こうした広報活動を通して募金をする人がさらに増えたり、ユニセフの活動に興味を持つ人が増えれば、これまで以上に充実した内容のサポートができるようになったり、切れ目なく継続することが可能です。
その結果が貧困に苦しむ子どもたちの減少で、そのためにもユニセフ親善大使の役割は非常に大きいとも言えます。
世界中にいる貧困で苦しむ子どもたちの様子をテレビやネットで見ることがあったら、まずは募金をするのが第一歩です。
それと同時にユニセフ親善大使の活動にも注目し、世界の現状をもっと知ることも大切です。
一人ひとりが現在の状況を考え行動することによって大きなうねりができて、世界中に広がり大きな影響力を持つこともあります。

まとめ

影響力が強くなれば、大国も動かしてより大きな支援ができるようになるかもしれません。
最初は好きなスポーツ選手や俳優が、ユニセフの活動をサポートしているといった理由でも構いません。
小さなきっかけでもそれが世界に目を向ける機会になり、行動に移すことにも繋がります。

 

関連リンク
ユニセフ親善大使の一覧 – Wikipedia
日本ユニセフ協会 | 「世界手洗いの日」プロジェクト